« Vol.4 ヘッドハンティングはどのように行われるのか?リアルな事例からインサイトを得て欲しい。   ヘッドハンター想う | トップページ | アナタの賞味期限 増える「歳だけ重ね人材」 ヘッドハンター想う  »

2018年2月28日 (水)

Vol.5 ヘッドハンティングはどのように行われるのか?リアルな事例からインサイトを得て欲しい。   ヘッドハンター想う

 さて、今回は日本人が特に苦手な「年収交渉」について述べてみます。

結論から言えば、「強気に攻める」が吉かと言えます。ビジネスパーソンとして何年も働いていればおのずと分かるかと思いますが、「同じ会社」にいながら年収を上げる、というのはなかなか難しいもの。一桁%上げるだけでも大変で5%以上年収アップ目指さそうものなら社員の上位3%以内に入ってないと難しい、なんてケースも珍しい話ではありません。
 
大きく年収を上げるチャンスというのは「会社を替わるタイミング」が唯一のチャンスとも言え、この機会は積極的に活用したいものです。

 ざっくりで言えば、「年収30%アップの交渉」は「妥当なレベル」と言え、これ以上を目指したいものです。逆にこれぐらいのリクエストがないと、「自分に自信がないのか」と変に勘ぐられてしまうリスクもあったりします。
 さらに言えば、年収2000万の方の場合は年収3000万以上を目指し、年収5000万の方は1億円以上を目指すのが良いかと思います。
 「マジ?」という声もあるかもしれませんが、年収2000万を超えてくると、税金の問題で大きく年収アップさせないと「手取り年収」がそんなに増えない、という現実的な問題も出てくるので、これぐらいが妥当です。さらに、年収が上がれば上がるだけ責任も増してきますので、数年でクビが飛ぶリスクも増えますので、そのリスク量と考えればさらに妥当と言えます。

 とはいえ、最近は「年収」以外の部分で会社の魅力を高めている企業も増えてきているのも事実です。 こういった企業に向けて、「年収30%アップを希望します!」と強く主張してしまうと、「社風に合わない」ということでアウトになりますので、このあたりはヘッドハンターとうまく調整するのがよいかと思います。

ご参考になれば幸いです。

P.S.
①写真は2月24日夕刻の銀座にて。長年、銀座を見てきていますが、やはり外国人観光客様がいらしてくださるようになり、活気がでてきています。(その前はけっこう寂しい感じでした。銀座だけでなく、日本全体も。) このあたりの取り組みは積極化していきたいものです。 逆に来なくなったらと思うと恐ろしい限りです。

*写真はfacebookの「兼本尚昌」のファンページで閲覧できます。(Twitter,ブログ経由の方) facebookの「兼本尚昌」は仕事用のファンページと個人用の2つがあります。 と言っても既に分け方が難しい状況となっています、、、、。


『PRESIDENT(プレジデント)』3月5日号の特集「ウソが平気な人、悪口好きな人」にて私のインタビューを掲載いただきました。(P.53~)
ご一読いただければ幸いです。 


プライベートコンサル、コーチングhttp://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/


Twitter   Kanemotospj  フォロアーが1万人超 
facebook  http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto
LinkedIn Naomasa Kanemoto で検索くださいませ。
お気軽にどうぞ。

|

« Vol.4 ヘッドハンティングはどのように行われるのか?リアルな事例からインサイトを得て欲しい。   ヘッドハンター想う | トップページ | アナタの賞味期限 増える「歳だけ重ね人材」 ヘッドハンター想う  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101698/73014641

この記事へのトラックバック一覧です: Vol.5 ヘッドハンティングはどのように行われるのか?リアルな事例からインサイトを得て欲しい。   ヘッドハンター想う:

« Vol.4 ヘッドハンティングはどのように行われるのか?リアルな事例からインサイトを得て欲しい。   ヘッドハンター想う | トップページ | アナタの賞味期限 増える「歳だけ重ね人材」 ヘッドハンター想う  »