« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月11日 (木)

どういった瞬間に「昇格」は決まっているのか? この時期を逃すな! ヘッドハンター想う 

ビジネスパーソンであれば、「昇格」については最大の関心事でありましょう。 

なんとも悩ましいのが、この「昇格」については「自分で決められない」という特性があります。どんなに自分で頑張って、自他共に認める成果・実績・貢献をしていたとしても、自分で自身の「昇格」を決められないのです。 他人、特に上司、上司たちがあなたの昇格の「決定権」を持っている、ということをしっかりと把握しておく必要があります。蛇足になりますが、このあたりを分かっていないビジネスパーソンは意外に多いものです。

上司があなたの「昇格」の決定権を持っているわけですが、どういったタイミングで「決定」されているのでしょうか? ちょっとご自身でも考えてみてください。 教科書的に言えば、年度が締まって人事考課があって、それぐらいに決まるのでは、といったところでしょうか。 
 私に言わせれば、これぐらいの感覚でいた場合、よほどの強者でなければ勝ち残れないでしょう。おおよそ、一般的に考えられる「人事考課のタイミング」でジタバタしてみたところで「上司のおおよその判断」が覆ることはありません。「おおよその判断」にいろいろ肉付けされて、「確固たる判断」なってオーソライズされる、という流れになります。

 ではどのあたりで勝負をかけるのがよいのでしょうか?
ひとつの有力な方法に、

「上司の夏季休暇時の代理を誰が担当するのか」

といったことに焦点をあて、上司に対して6月あたりからじんわりとアプローチしておく、という方法です。

 「夏季休暇中の代理」を決めるわけなので、「昇格」とは全く関係はないのですが、それでも、「代理を務めた」、という実績はじんわりと確実に今後に効いてきます。 また、この時点では、「夏季休暇時の代理を決めた」という話になっていますが、その本質は、「最も信頼できる部下に頼んだ」ということにありますので、今後の昇格決定にも大きな影響を及ぼすのは確実です。

 部内に僅差のライバルがいるなら尚のこと、こういった小さな動きが、大きな結果に影響を与えてきますので動いておくメリットは大かと思います。
 逆に、こういった提案もできない、と感じてしまった場合は、「がんばりが足りない」ということの表れかと思いますのでより一層の努力が必要でしょう。

 どんどん夏らしくなってきますので、爽やかな天気の時に作戦実行がよろしいかと思います。

ご参考になれば幸いです。

P.S.
①写真は4月に銀座にオープンした「GINZA SIX」内のものです。チラとチェックされること、お勧めします。
*写真はfacebookの「兼本尚昌」のファンページで閲覧できます。(Twitter,ブログ経由の方) facebookの「兼本尚昌」は仕事用のファンページと個人用の2つがあります。 と言っても既に分け方が難しい状況となっています、、、、。

②プライベートコンサル、コーチングhttp://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/


Twitter   Kanemotospj  フォロアーが1万人超 
facebook  http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto
LinkedIn Naomasa Kanemoto で検索くださいませ。
お気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ