« 面接では「できます!」という「チャレンジ」が重要。 ヘッドハンター想う | トップページ | 「年収」より意識したいこと。 ヘッドハンター想う  »

2016年7月25日 (月)

どちらの会社で働くのが良いか?優秀な人が多い会社か、そうでない会社か。 ヘッドハンター想う 

 優秀な方が多い会社か、そうでない会社か、どちらで働くのがよいでしょうか?

一般的には、優秀な方が多い会社で働く方がキャリア・バリューが高められそうです。
「1」 言えば、「10」理解してくる方との日々の仕事は疲れませんし自身のパフォーマンを
発揮させやすいかと思います。また、「それって当然だよね」という一定レベル以上の水準を担保しながら仕事を進めることは心地よさまで伴ってくるかと思います。何から何までいいことづくめで比較の議論にもなにくそうです。

 私も基本的には『優秀な方が多い会社』の方をお勧めするスタンスです。
ただ、「そうでもない会社」もポジションによっては多いに検討の価値があるかと考えています。
 
 例えば一定レベル以上のマネジメントクラスで入社する場合、自身のがんばりによってどこまで会社のパフォーマンスを上げられるかを考えてみましょう。
既に優秀な方が多いA社の場合は、「100」のパフォーマンスを「110」にするのも結構、しんどいことかと思います。逆にそうでないB社の場合は「30」のパフォーマンスを100、200にすることはA社と比較した場合、比較的楽に成し遂げられる可能性があったりします。

 別視点で言えば、「入社後の昇格競争での勝ち残りやすさ」も魅力です。 入社した時点がキャリア・バリューのMAX、というのはザンネンな話で、当然、昇格・昇給の機会は貪欲に狙っていきたいものです。そこで優秀な人が多いA社の場合、ライバルや上司が超優秀ということであれば、今後の昇格レースも厳しい展開が容易に予測されるというものです。逆に、そうでないB社の場合は、A社での競争と比較すると比較的楽に昇格レースを勝ち抜ける可能性が高いといえます。

 なんだか、「そうでないB社」がかなりお勧めに見えてきましたが、やはり、注意点があります。それは社員のレベルに合わせたコミュニケーションが非常に重要であり、具体的には「10伝えても理解度が3ぐらい」の環境で、教育含めて腰据えた対応が必須になってくるということです。上から目線で、「こんなことも分からないのか」と言ってしまっては、早晩、自分のポジションを追われてしまう可能性もあります。 逆に言えば社員のレベル感の向上が、会社の競争力向上に目に見えて直結してくるので、面白さでもあるかと思います。
 また、こういった環境で培われた経験はかなりプラスで、「次のステップ」への大きな足掛かりになったりします。

 会社選びの参考になれば幸いです。

P.S.
①そろそろ私もビットコインにいくらか張って(投資、とは言わない)おこうかと思っておりましたが日本株が思いのほか熱くなってきており、そこそこ楽しませていただいています。

②写真は「SUGALABOの須賀洋介シェフ X クリストファーミラーシェフ 一夜限りのKRUGクリュッグ エクスクルーシブディナー」に参加した時のもの。飲食業界、かなり人脈拡がってきました。
個人用のfacebookには違う写真を載せていますのでご興味ある方はチラ見してくださいませ。 もう少々、詳しく記載もしています。
*写真はfacebookの「兼本尚昌」のファンページで閲覧できます。(Twitter,ブログ経由の方) facebookの「兼本尚昌」は仕事用のファンページと個人用の2つがあります。 と言っても既に分け方が難しい状況となっています、、、、。

③遅ればせながら初ウーバーのハイヤーに乗車しました。支払いのやり取りもないためかなり使い勝手よいです。物を紛失するタイミングもおおよそこのタイミングかと思われ、そのリスクが低減できます。また降車するまでの間に追突されるリスクも極小できます。(考えすぎですが、、、、) なにより、乗り心地がよかったです。

④プライベートコンサル、コーチングhttp://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/


Twitter   Kanemotospj  フォロアーが1万人超 
facebook  http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto
LinkedIn Naomasa Kanemoto で検索くださいませ。
お気軽にどうぞ。

|

« 面接では「できます!」という「チャレンジ」が重要。 ヘッドハンター想う | トップページ | 「年収」より意識したいこと。 ヘッドハンター想う  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101698/66674590

この記事へのトラックバック一覧です: どちらの会社で働くのが良いか?優秀な人が多い会社か、そうでない会社か。 ヘッドハンター想う :

« 面接では「できます!」という「チャレンジ」が重要。 ヘッドハンター想う | トップページ | 「年収」より意識したいこと。 ヘッドハンター想う  »