« 2016年1月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年2月

2016年2月12日 (金)

「仕事ができるだけ」で組織を上り詰めることは難しい。 ヘッドハンター想う 

 結論から言うと、「自身の仕事のパフォーマンスだけ」で出世できる限界はマネージャークラスまで、と言えましょう。

 それぞれの会社で、経営幹部クラス(社長交えた最高意志決定のミーティングに参加できる人々)になるには、自身の仕事のパフォーマンスにプラスして、もうひとつ大切な要素が必要になります。 それはいったいなんでしょうか? ちょっとご自身で考えてみてくださいませ。

 答えを先に言うと、

「政治力」

になります。

この「政治力」ですが、若手ですと、なかなかこの力をつけるのは難しいです。 MBAでもこのあたりの授業もなく、さしあたって参考になりそうな書籍もなく、という状況で、無責任なアドバイスとしては、できるだけご自身でこういったことが必要な環境に飛び込んで自らが学んでいくしかありません。 
老婆心ながら付け加ええると、自身の仕事も完璧にできない若手がこの「政治力」を駆使して出世しようとすると、かなりの高確率で足元すくわれますので、まずはマネージャークラスまでは政治力抜きで出世していただき、マネージャーから上の階層を目指す際に、「政治」を意識されるのがよろしいかと思います。

何よりもマネージャークラス以上で社内昇格を狙うというのは客観的に考えても難しい状況があります。というのも、これより上のクラスの昇格競争は、他の候補者のレベルも高いため、激しい戦いに容易なることが想像されます。 また、あなたが戦える土俵に上がった段階では既にライバルはそれよりも前から虎視眈々と昇格を狙ってきているわけなので、すぐに勝ち抜けるほど甘い環境ではありません。 またさらに難しいのが、昇格を争うライバルが社内の人なので、「戦時中」はもとより、「戦後」も良好な人間関係を継続させる必要があります。社外のライバルなら完膚なきまでに、が可能、かつ推奨されますが、社内ですとそれができないわけです。 

この「政治力」ですが、こまかく書くとこれまた一冊の本が書けるレベルなので詳細は割愛しますが(状況によりアドバイスが千差万別になってしまう、という事情もあります)、プレイヤーとして順調に出世した方が、「次のステップ」に昇格しようとした際に、必ず目に見えない違和感、障壁と感じてしまうものなので、留意しておくことをお勧めします。 また、こういったステージに上がった際に、社外に信頼できる相談相手をもっておくと、有益なアドバイスが得られるでしょう。(社内ですと、情報漏れが怖いです)

社内の「経営幹部クラス」に入れるチャンスはなかなかあるものではありません。ただ、そのチャンスがいきなり訪れることもけっこうあったりします。 社内のパワーバランスを冷静に分析し、うまく政治力を駆使し、ご自身の昇格の勝率を上げてみてください。 クールに分析して、「この会社で昇格の可能性はほぼなさそう。あってもかなり先になりそうだ、たとえ昇格しても自身がハッピーに感じなさそう」ということであれば、転職も有効な一手かと思います。

ご参考になりましたら幸いです。


補足

この政治力ですが、「歴史物」の書籍やドラマをみると、参考になること多いです。


P.S.

株価が大変な状況ですね。 こんな状況ですが、株式投資は強くお勧めします。 逆に言えば、こんな時こそ、仕込み時かと思います。
私の場合ですが、不動産を除く金融資産の90%以上は「株」になっています。本日時点の含み損は数千万円超となっていますが、鬼キープ方針です。

と言いつつ、株式投資は自己責任で。


写真は先日、「リストランテ ホンダで味わうイタリアンとネスプレッソの革新的な出会いを楽しむディナー」にて本多シェフが料理の説明をされているシーンです。 シェフ並びにスタッフの方々、モチベーション高く動かれており好印象です。 ソムリエ・大越基裕さんの写真はfacebookの「尚昌 兼本」で閲覧できるようになっています。この方、今年からさらにブレイクすると思います。*写真はfacebookの「兼本尚昌」のページで閲覧できます。(Twitter,ブログ経由の方) facebookでは、「兼本尚昌」が仕事用、「尚昌兼本」が個人用と分けています。
 と言っても既に分け方が難しい状況となっています、、、、。


プライベートコンサル、コーチングhttp://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/


Twitter   Kanemotospj  フォロアーが1万人超 
facebook  http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto
LinkedIn Naomasa Kanemoto で検索くださいませ。
お気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 8日 (月)

自分を成長させてくれる場所って? ヘッドハンター想う 

  「仕事に対して何を求めますか?」という問いに対して、「自分を成長させてくれる場所かどうか」と答える人は多い。中国語では「発展空間」と表現するとのことで、転職を決める重要キーワードとなっているとのことです。

 私も、「ふむふむ、なるほど」と納得していますし、私も若ければ同じようなことを言っていたのではないかと思います。 ただ、ヘッドハンターとして経験を積むうちに、「ものすごく仕事ができて結果を出している大物の方」の場合、この種のコメントがほぼ出なくなることに気づきました。

 理由を考えてみるに、「自分が成長できるかどうか」を自責・他責のどちらに比重をかけて考えているのかが影響しているのではないか、という仮説に達しました。

「自分が成長できるか、できないかは自分次第でしょ。」とシンプルに考えられる境地に達している人がいわゆる「大物」の域に達しているのかな、と感じています。

自責か他責か、自身の思考傾向がどちらに偏っているか、今一度、振り返ってみてもよいかもしれません。

ご参考になりましたら幸いです。


補足

当然、「環境」も重要です。 ここをしっかり吟味するのは基礎・基本で言うに及ばず、というレベル感かと思います。

P.S.

石油の値段が下がって、世の中もろもろ動いていますね。できることなら個人的に今のうちにたっぷりガソリンを買って備蓄したいぐらいです。 


写真は、週末に行った中華街・萬珍樓です。春節シーズンということもあり賑わっていました。*写真はfacebookの「兼本尚昌」のページで閲覧できます。(Twitter,ブログ経由の方) facebookでは、「兼本尚昌」が仕事用、「尚昌兼本」が個人用と分けています。
 と言っても既に分け方が難しい状況となっています、、、、。


プライベートコンサル、コーチングhttp://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/


Twitter   Kanemotospj  フォロアーが1万人超 
facebook  http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto
LinkedIn Naomasa Kanemoto で検索くださいませ。
お気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年5月 »