« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月

2016年1月15日 (金)

ヘッドハンティングを依頼した企業が候補者に会ったヘッドハンターに最初に聞く質問はなんでしょうか? ヘッドハンター想う 

ヘッドハンティングを依頼した企業が候補者に会ったヘッドハンターに最初に聞く質問はなんでしょうか?

 ちょっと想像してみてください。


「仕事ができそう?」

「この仕事できそうか?」

「年収にはご満足していただけそうか?」

「現職の満足度は? 当社の関心度合いは?」

でしょうか?

 
 私の経験で最も多い質問は、


「どんな人だった?」


という質問です。


職業人としてどうか、という質問が先にきそうですが、やはりこのクラスになると「お人柄、人物感」についての質問が圧倒的に多くなります。(逆に言えば、下のレベルになるほど、このジョブ、できるか? という質問になります)

 この「お人柄、人物感」については一朝一夕でどうのこうのできませんが、常日頃から自身で磨いておく必要がありそうです。 
逆にどんなに仕事ができても、「なんだか、偉そうで、常に上から目線で、威圧的な印象でした、、、、」となってはさりげなくチャンスが消えてしまうのではないかと感じています。

ご参考になりましたら幸いです。


補足
①経験的に、ものすごい人は驚くほど「腰が低い方」が多いです。 逆に、ちょっと運だけで出世してしまったような人、というのは、「ザンネンな人」が多い印象です。  


P.S.
①映画、「007」、「スターウォーズ」観ました。 

②写真は、「プラチナの地金を買ってみた」、の図です。机上で分かることと、実際に買ってみて真剣に分かることの違いを痛感しています。 次回ば200グラム単位で買おうかと思います。
*写真はfacebookの「兼本尚昌」のページで閲覧できます。(Twitter,ブログ経由の方)
 facebookでは、「兼本尚昌」が仕事用、「尚昌兼本」が個人用と分けています。
 と言っても既に分け方が難しい状況となっています、、、、。


プライベートコンサル、コーチングhttp://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/


Twitter   Kanemotospj  フォロアーが1万人超 
facebook  http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto
LinkedIn Naomasa Kanemoto で検索くださいませ。
お気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »