« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月21日 (月)

「勤務先、まずいんじゃないか、、、。」 と感じたら気軽に転職を検討しよう ヘッドハンター想う

 ヘッドハンターが「気軽に転職を考えよう」なんて言うと、自分でもちょっと言い過ぎかなと思います。 ただ、最近の典型的な日本の大企業の大型不祥事の数々を見るにつけ、サラリーマンがもうちょっと、「転職を考える心のハードル」を下げていたら事態はもうちょっと変わったものになったのではないかと仕事柄感じています。

 どうも日本人が仕事先を選ぶ感覚として、「城に使える武士」みたいな感覚があるのではないかと思います。 美徳であると感じる反面、いったんことが悪い方向に向かいだすと、誰もおかしい!と言い出せず、最期には籠城して討ち死にみたいな結果になってしまいがちです。 

 人のもつ、「なんだかおかしいぞ」という感覚はけっこうな確度で正しかったりするケースが多く、いったんそう感じたなら冷静になって客観的に見つめ直してみるのがよいかと思います。時期的にもこの年末年始に沈思黙考してみる価値は非常に高いかと思います。

 勤務先の状況をよくよく考えてみて、「やっぱり、おかしい」となったら、自分の力で会社をよくする努力をしてみるのがまずは第一歩でしょう。しかしながら、やってみてダメ、もしくはダメそうだったら、転職先を考えるのが現実的な解決策かと思います。
 ヘッドハンターの経験から言えば、個人の力で会社が変わることはほとんどなく、改革を成し遂げる努力量から得られる成果よりも、次の会社でがんばってのし上がっていった方がかなりリターンが高いかな、と感じています。

 メディアからの情報だけで恐縮ですが東芝のケースで言うと、歴代社長がこれだけ悪人だと、自浄作用を期待するのは無理だったと言えましょう。あまり騒ぐと、社内で自分がテロリスト扱いされて消されてしまうのがオチです。 爽やかに転職先を探す、という選択肢を考えるのがかなり有効かと感じています。

 また、実際に転職する際に重要なのは、「マズイな」と感じたら即、転職活動を開始することです。 世の中的に、「マズイ」状態が知られていなければ、

「あの大企業でご活躍されていた、まず転職市場に出てこないレア・人材」

として、かなり有利に転職活動を進めることができるでしょう。 逆に、現在の東芝のようにダメダメさ加減がこれだけオープンになってからの転職活動だと、「あの会社にいる人? 大丈夫?」となりかねません。 
感じて、理解して、判断して、行動を起こす、SIDAを活性化させることが重要です。 また、行動を起こすことに遅い、ということはありませんので、最大限の努力をするのがよろしいかと思います。

 まずはこの年末年始で自身のキャリアについて、沈思黙考されることをお勧めします。

ご参考になりましたら幸いです。


補足
①会社を選ぶ感覚として、車を選ぶ、自転車を選ぶ、スーツを選ぶような感覚で考えてもよいかもしれません。 自分にFitしない会社ほど、つまらないものはありません。

P.S.
①15年以上前の人脈から年末に社長ポジションを決定させていただきました。 人脈力、重要だな、と感じております。

②写真はANAインターコンチネンタルホテル東京のラウンジ前のクリスマス・ツリーです。着物を着たスタッフがお出迎えしてくれます。着物とツリーが意外に合います。
*写真はfacebookの「兼本尚昌」のページで閲覧できます。(Twitter,ブログ経由の方)
 facebookでは、「兼本尚昌」が仕事用、「尚昌兼本」が個人用と分けています。
 と言っても既に分け方が難しい状況となっています、、、、。


プライベートコンサル、コーチングhttp://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/


Twitter   Kanemotospj  フォロアーが1万人超 
facebook  http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto
LinkedIn Naomasa Kanemoto で検索くださいませ。
お気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月 8日 (火)

忘年会の活かし方について ヘッドハンター想う 

忘年会真っ盛りの時期ですが、ただ漫然と参加するだけでは金銭的にも体力的にも、ひいては仕事のパフォーマンス的にもマイナスとなるでしょう。 せっかく参加するなら、投資対効果高いものにしたいものです。そのテクをひとつ提示させていただきます。

 それは、「将来(来年や2、3年年先)の予測や目標を語り合ってみる」ということです。
忘年会の面白くない典型的なケースとして、過去の大したことないことの語り合いや愚痴の言い合いで、その繰り広げられるトークが「全く生産的でない」、「今後に全く活かせない、参考にもならない」という状況でしょう。 誤解を恐れず言えば、こんな忘年会は人生の無駄と言えましょう。 
「忘年会」という文字からして少々、そんな方向性が助長されてしまっている印象がありますが、逆に将来予測や目標を語り合うことによって得られる知識、知見、組織・自身のモチベーション・アップなどの効果はかなり有効かと考えています。

私の話で恐縮ですが昨年の忘年会は意識してこういったテーマを「忘年会」にぶつけてみたところ、2015年の外国人観光客の爆買いトレンドもかなり正確に予測できました。(ちなみに、2014年年末に「インバウンド」といってもほとんどの人は正しくその意味を理解できていませんでした) その他にも詳しくは書けませんが、2015年の経済予測、業界動向、個別企業のどうのこうの、なんていう話も参考になる情報を得ることができ、公私ともにハッピーな2015年にすることができました。

「2016年にはどんな大きな変化が起きると思う?」

「来年のあなたの目標は? そのために何をするの?」

「5年先、10年先にはどうなっていたい? そのために来年どうする? 何が必要?」

などなど、今年の忘年会からそれぞれの立ち位置で、「将来」に関するお話しをしてみてはいかがでしょうか? 急に頭が冴えて酔えないかもしれませんが、それぐらいの飲みの量が体にもいいかと思います。

ご参考になりましたら幸いです。


補足
①ただ、バカ騒ぎしたい、という忘年会もあっていいとも思っています。私も、こういう会もします。 

P.S.
①久々のブログアップに恐縮しております。少々、秋口あたりからけっこうな大型案件が入りドタバタしておりました。 

②写真は「JEAN-GEORGES TOKYO」(ジャン・ジョルジュ)@六本木けやき坂通りの1階のカウンターキッチン。 最近はフレンチをカウンターで食べることが多いです。世の中的にも流行っているみたいで、このスタイルは個人的にも好きです。お店は1階と2階がありますが、断然1階がお勧め。 ミシュラン三ツ星10年連続獲得のテクを拝見しながら食事ができます。2回ノーアポで行くも入れず、3回目はしっかり予約して一番のりでお店に入りました。
*写真はfacebookの「兼本尚昌」のページで閲覧できます。(Twitter,ブログ経由の方)
 facebookでは、「兼本尚昌」が仕事用、「尚昌兼本」が個人用と分けています。
 と言っても既に分け方が難しい状況となっています、、、、。


プライベートコンサル、コーチングhttp://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/


Twitter   Kanemotospj  フォロアーが1万人超 
facebook  http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto
LinkedIn Naomasa Kanemoto で検索くださいませ。
お気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2016年1月 »