« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月 3日 (月)

「ベテランのルーチン」が「新人の一発」に負けることもある ヘッドハンター想う

自他共に「ベテラン」の領域に達するようになるとさまざまな面で余裕が生まれてくると思う。 その余裕からますます仕事のパフォーマンスが上がるという好循環サイクルに入ってくると、まさに「鬼に金棒」状態と言えましょう。

ただ、注意したい点がひとつ。

「ベテランのルーチン」のパフォーマンスが、「新人の乾坤一擲の一発」に稀に負けてしまう可能性があるということは肝に銘じておいた方がいいでしょう。

いかなる状況、理由であっても、ベテランは格下の者にパフォーマンスで劣ることがあってはいけません。 例え「非常に小さな負け」であっても油断は禁物で、極端な例でいえば、その小さな負けがきっかけで数年後に立場が入れ替わってしまう可能性すらあります。

前回ブログで、「夏休みの休暇時の代理をどうするか」のお話しをしましたが、これにも若干関連するのですが、自身が休みの時に、代理の部下が自身のパフォーマンスをはるかに上回る成果を上げていた場合、けっこう面倒なことになります。 

周囲から、
「もしかして、あの上司の仕事はなくてもよいんじゃないか?」
「あの上司じゃなくて、代わりにあの部下がやった方が組織のパフォーマンスあがるんじゃないか?」

などなど、自身の評価、存在意義に疑義が生じてしまっては、大変なことになってしまいます。 さらにそんな事態が自身の不在時に起こっていた場合は、事態の収拾もなかなか難しいことになります。

今回一番伝えたいメッセージは、「ベテランの領域に入ったとしても、油断することなく、常に最高のパフォーマンスを発揮していたい」になります。これを心掛けていれば、何があっても恐れることはありません。 くれぐれも「社内政治的な動き」で、自身のパフォーマンスの悪さを隠すような所業は慎みましょう。 

ご参考になりましたら幸いです。


P.S.

会社が7月で10期目を締めることができ、8月から11期目に入りました。 私もベテランの部類に入ってきましたが、新人の乾坤一擲にも負けぬよう、日々の業務に気合いを入れ続けていきたいと思います。


写真はフレンチ割烹のドミニク・コルビのお店正面です。 結論、お勧めです。詳細情報は個人のfacebookに掲載予定。
*写真はfacebookの「兼本尚昌」のページで閲覧できます。(Twitter,ブログ経由の方)
 facebookでは、「兼本尚昌」が仕事用、「尚昌兼本」が個人用と分けています。
 と言っても既に分け方が難しい状況となっています、、、、。


映画「ターミネーター」観ました。


プライベートコンサル、コーチングhttp://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/


Twitter   Kanemotospj  フォロアーが1万人超 
facebook  http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto
LinkedIn Naomasa Kanemoto で検索くださいませ。
お気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »