« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015年7月 9日 (木)

夏休みをとる上司の代理を誰がやるのか これ、かなり重要! ヘッドハンター想う 

夏休みシーズンがそろそろ始まります。 「今年の夏休みはこんなことしたい」と心躍らせている方も多いのではないでしょうか。

「夏休み」 = 「完全なプライベート事項」 と判断し、脇が甘くなってはいけません。可及的速やかに組織の階段を駆け上がりたいビジネスパーソンとしては、この「夏休み」の処し方一つで昇進のチャンスが大きく変わってきます。

「夏休み」となると、あなたの上司も夏休みをとるというもの。 組織活動を維持するために、上司も自身が不在時の「代理」を決めなくてはなりません。 この代理を「誰に任せるか」が、「誰が最も次のステップに近いのか」つながる目にみえるシグナルとなります。

あなた自身のことで言えば、「いかに上司不在時の代理を任されるか」になります。 ここで、あなたのライバルにいとも簡単にその座が任されるようであれば、現時点でその方よりも昇進の可能性が劣後している、ということになります。残念な事実なので、今後の活躍で挽回したいところです。 
逆に、「代理の座」がまだ不確定・微妙、ということであれば、積極的に代理の座を申し入れるのも一手かと思います。 「お前じゃ、まだ早い」とはっきり言われれば次回にリベンジを誓い、運よくその任を任せられれば、しっかりその任を全うしたいものです。 ここで下手をこくと大きな失点となりますので、心して臨む必要があります。 逆にしっかりその任を全うできたならあなたの評価もひとつ上がるというものです。

たかが「夏休みの上司の代理の座」ですが、「腰据えて昇格について議論する時」よりもこんな時に既に差がついてしまっていたりします。 また、いったんついてしまったこの小さな「差」の積み重ねはなかなか埋めづらいというところに人生の難しさがあるため、日々のこまかな心遣いと行動が必要です。

ご参考になりましたら幸いです。


P.S.

映画「マッドマックス」観ました。 当初、乗り気でなかったものの、見終わってからの満足度、かなり高いです。結論、次回作も是非観たいです。 日頃、難しいことを考えている人には特にお勧めかもです。



旧聞になりますが、日経新聞の「私の履歴書」に4月から掲載されていたニトリ社の似鳥社長の記事が面白い。 かなり面白く書いてあるものの、似鳥氏の若いころの出来なさ加減といったら、大変なものです。 「こんなにダメでも、こんなにビックになれるんだ」と勇気が出ると思います。 似鳥氏、ナイスです。


写真は京都の露庵菊乃井で焼く前の活きた鮎を見せていただいているところです。 コースの最後に鱧の炊き込みご版が釜ごときますが、食べきれない分はおにぎりにして持ち帰らせてくれます。 「残してはもったいない、、、」と鱧をえりすぐって山盛りに盛ってしまったことを反省、、、。
当日15:00に本店に予約するも満席。だいたい1か月前から埋まるそうです。露庵菊乃井も当日はほぼ満席。ただ、「17:00に店に来れるなら一室だけ用意できる」とのことで駆け込みました。満足度高し、です。
*写真はfacebookの「兼本尚昌」のページで閲覧できます。(Twitter,ブログ経由の方)
 facebookでは、「兼本尚昌」が仕事用、「尚昌兼本」が個人用と分けています。
 と言っても既に分け方が難しい状況となっています、、、、。


プライベートコンサル、コーチングhttp://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/


Twitter   Kanemotospj  フォロアーが1万人超 
facebook  http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto
LinkedIn Naomasa Kanemoto で検索くださいませ。
お気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »