« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

「独裁者」の研究をもっとすべし。 ヘッドハンター想う

 いまどき、「独裁者」と聞いてピンと来る人も少ないかと思います。 

ゆえに、
この「独裁者」がどんな人で、
特に、この「独裁者」と 「どのように接すればいいのか」
ということの経験値、ノウハウが圧倒的に不足している時代になってきていると感じています。

「独裁者なんて、最近見たことも聞いたこともない」
という声が聞こえてきそうですが、身近なところでは勤務先の、

社長
事業部長
部長
上司

などは、程度の差こそあれ、極めて荒く言えば「独裁者」と言えます。
「社長」などは非常にイメージしやすいかと思いますが、たとえ2人のチームであっても、立派な「独裁者」がいたりします。

これまでは特に幼少期~学生時代あたりで、身近な「独裁者」がいたりして、その接し方については学べる機会があったのですが、最近ではそういった機会がめっきり減っているようです。 
社会人になってから、「強烈な独裁者」と出会ってしまって面食らってしまっては、ショックも大きいと言うもの。 ショックの大きさでダメージを食らっては非常にもったいないと言え、この「独裁者」についての研究と対処の仕方はしかと身につけておきたいものです。
見方を変えれば、ビジネスパーソンとして出世の階段を上がるそれぞれの過程で、さまざまな「独裁者」と接する必要があるため、その適切な対処の仕方を心得ておくことは非常に重要なことと言えます。

では、どうやって「独裁者」を学べばよいのでしょうか。 ここからざっくりと私見を述べてみます。


1、手近な先輩から聞いてみる。
同じ組織の先輩から聞くことからよりリアルな知見が得られるかと思います。手近にいない、という場合、独裁者との接点が多いヘッドハンターに聞いてみる、というのもいいかもしれません。

2、歴史から学ぶ
 歴史を紐解けば、「独裁者」ばかりです。
 書籍から学びなさい、と偉そうにアドバイスしたいところですが、映像のドラマで学ぶ、というのも非常に効果的かと思います。 日本の歴史ドラマですと教養のある方ですと筋書きがある程度分かってしまうので緊迫感がなくなってしまいますが、外国ものですと、特に詳細部分が、「そうだったのか」の連続ですので、「自分ならどうするだろうか、、、、」とある意味、ロールプレイできて得るところも大きいかと思います。 私の場合ですと、中国・韓国の歴史ドラマから多くを学ばせていただいています。(最近ですと三国志、武神、武人時代などでしょうか)

 このブログを目ざとくチェックしている人、というのはこの時点で仕事はある程度できる人がほとんどでしょう。
 「ひとつ上」を目指すなら、身近な「独裁者」の研究とその対策と実践についてはしっかり行いものです。

 「仕事はできるはずなのに、なんだか出世していない人」というのは、この独裁者への接し方に難があったりするケースがほとんどです。

 ご参考になりましたら幸いです。


P.S.

9月10日発売の週刊SPAに私のコメント記事が掲載される予定です。 実際に掲載されましたらあらためて告知します。


8月も終わってしまいますね。 
と言いつつ、9月は3連休が2回ありますので、がんばってまいりましょう!


プライベートコンサル、コーチングhttp://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/


Twitter   Kanemotospj  フォロアーが1.3万人超 
facebook  http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto
LinkedIn Naomasa Kanemoto で検索くださいませ。
お気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月22日 (木)

「未経験なこと」にトライしなければ成長はない。 ヘッドハンター想う

 「未経験なことにトライしなければ成長はない!」と言われても、多くの人はだいたい頭では分かっていることかと思います。

 ただ、自身が仕事をする環境の中で、未経験なことに積極的にトライできている人、というのは極めて少ないのではないかと思います。これまた、多くの人が、「未経験なこと」に対して意味もなく恐れ、「これまで経験してきたこと」に固執しがちなのではないでしょうか?

 結論から言えば、キャリア・バリューを高めるために積極的に「未経験なこと」にトライするのがよいかと思います。 

なぜなら、

初めて大きなプロジェクトを任される、
初めて部下を持つ、
初めて課長になる、
初めて部長になる、
初めて取締役になる、
初めて社長になる、

という各シーンごとに、キャリア・バリューをアップさせるために、「初めて」のことに挑戦しなければ成長はないからです。

経験がないから、、、、
実績がないから、、、、
自信がないから、、、、
 
と「初めて」の挑戦に及び腰ではキャリア・バリューのアップは難しいといえます。
人並み以上にキャリア・バリューをアップさせている人というのは、「経験もなく、実績もなく、自信もないまま」でも「初めて」のことに積極果敢にトライし、ミッションを達成させた人といえるで   しょう。今、大きな顔をしている「社長」でさえ、未経験のまま社長職を引き受け、がんばっている時期もあったはずです。

 「初めて」のことであっても積極果敢にトライしたいものです。

 ご参考になりましたら幸いです。

補足

冷静に自身のことを見つめ直せる能力をもつ方こそ、あまり慎重になりすぎず、トライされるのがよろしいかと思います。

P.S.

夏休みも兼ね、山口県岩国市の実家に往復マイカーで帰省しました。
実家でなんと確実に製造から34年経過している扇風機を発見。驚くことにまだしっかりと動く。日本製品の品質の高さに敬意を表すとともに、万が一の発火事故等のリスクを排除したく、同じメーカーの扇風機に買い替えておきました。 
実家に帰った際は電化製品のチェックをするのがよいかと思います。


最近、都内でゲリラ豪雨が頻発していますが、その攻撃に遭ってしまいました。 8月21日22時ごろ都内を車で走行しておりましたらゲリラ豪雨で道路がところどころ冠水していました。
深さ10センチ(MAXは15~20センチぐらいでしょうか) 程度の冠水なので、時速10~20キロぐらいでやり過ごしておりましたら、走行中に異音が発生。 自宅になんとかたどり着き底面を確認したところ、アンダーカバーが2箇所破損しておりました。 お値段にして約5万。修理工場へは2回足を運ぶはめになりました。
ゲリラ豪雨、あなどってはいけませんね、、、、。


プライベートコンサル、コーチングhttp://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/


Twitter   Kanemotospj  フォロアーが1.3万人超 
facebook  http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto
LinkedIn Naomasa Kanemoto で検索くださいませ。
お気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月 9日 (金)

米陸軍士官学校への寄付について 

少々、当ブログとは関係がないのですが、1点だけ案内させてください。
(ちなみに当ブログで初の案内記事なのでご容赦いただけましたら幸いです)


米陸軍士官学校(通称、ウエストポイント、日本では防衛大学校が一番近い存在)に寄付ができる、ということをご存知でしょうか?

まず、米陸軍士官学校(通称、ウエストポイント)ってなに?の方はこちらの情報をざっくりチェックくださいませ。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/28797
http://president.jp/articles/-/5469
http://www.suzukinoriko.com/2010/11/blog-post_28.html

私のヘッドハンターという職業柄、欧米のビジネスエリートとお話する機会があるのですが、驚くほど、士官学校出身、もしくは軍のオフィサー出身は多かったりします。 外資系企業にご勤務されている方は肌で実感されている方も多いのでは、とも思います。

現在、私の大学時代の同期が米陸軍士官学校で日本の陸上自衛隊のLiaison Officerとして勤務しているご縁もあり本件、告知させていただきます。

寄付の効果としては下記が挙げられます。
1 日本のみならず日本というレンズを通してアジア諸国を理解する知的基盤を候補生に付与
2 知日派育成基盤の強化により、日米同盟のさらなる強化発展に寄与

寄付する側としての期待感としては下記が挙げられます。
1 全米屈指のレベル(2009年Forbesの大学ランキングで総合1位、公立大学ランキングに限れば毎年のように1位を獲得)とブランド力を有する教育機関における、日本理解促進への貢献
2 ビジネスの世界でも数多く活躍するウエストポイント卒業生を支援しているという実績を得ることで、間接的に世界におけるビジネス推進に寄与

ウエストポイント全般の情報については、
Website: http://www.westpoint.edu/SitePages/Home.aspx
をご覧いただければと思います。

ウエストポイントへの寄付窓口は、 West Point Association of Graduates(以下AoG)が担当しています。
関連情報
Website: http://www.westpointforusall.org/
年次報告書: http://www.impel-creative.com/wpaog/rog2012/
広報ビデオ: http://www.westpointforusall.org/video-campaign.html

個人寄付は、オンラインでクレジットカード決済で可能です。
法人としての寄付は、AoGの指定する口座に海外送金をお願いすることになります。
寄付の具体的要領ですが、日本人として彼らの日本に関する学びをサポートするという趣旨から、各種ある寄付のカテゴリーの内、

海外1セメスター研修(Cadet Semester Abroad Program)
→防衛大への士官候補生派遣援助
http://www.westpointforusall.org/semester_abroad_program.html

または、

学校長年次基金(Superintendents Annual Fund)→日本での研修(AIAD)、ウエストポイントでの日本語クラブの課外活動援助
http://www.westpointforusall.org/superintendents-annual-fund.html

いずれもリンク先のページに、ダウンロード可のパンフレットと、クレジット決済のページがあります。

法人としての寄付は指定口座への海外送金になりますので、以下の担当者にコンタクトいただくことになります。

Ms. Allison C. Barry

Director, Corporate and Foundation Relations
West Point Association of Graduates

698 Mills Road West Point, NY 10996 U.S.A.

Phone: +1-845-446-1556 | Email:Allison.Barry@wpaog.org


細かい点としては、海外の機関への寄付になりますので、国内での税控除対象にはなりません。
米国在住の方は、AoGはNY州指定の団体ですので、税控除対象になります。
指定フォーム等はAoGのWebsiteからダウンロードできます。

ざっくりした情報として、5000ドルあれば1人の候補生を日本に派遣できる、とのこと。余剰はAoGがプールして運用しますので、ドナーの意向に沿った形で有効に活用していただけると思います。


ざっくりした情報であれば私が対応します。
(support@strategicpartnersjapan.com)

より突っ込んだお話になりますと、米陸軍士官学校で日本の陸上自衛隊のLiaison Officerとして勤務している方(当然、日本人)に話をつなぎます。

よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年8月 7日 (水)

転職先で活躍できる人の特徴 ヘッドハンター想う

 「転職できた」ということは厳しい選考を通過し、「活躍できるだろう」と勤務先からもある程度以上認められた結果といえるでしょう。

 にも関わらず、「転職先で活躍できるかどうか」についての事後の評価の幅については、かなりの幅がある、というのもリアリティーでしょう。

 なぜ、活躍できるかどうかに大きな幅が存在してしまうのでしょうか。

 ひとつのヒントに、

「新しい環境の中で、謙虚に学ぶ姿勢があるか、他人からの善なる支援を取り付けることができるかどうか」といったマインド、姿勢が大きく影響していると考えています。

 「新しい会社」にはそれなりの暗黙知がある、というのがもはや常識のレベル。 よほどの「即戦力人材」として入社したとしても、その会社特有の暗黙知をまったく無視してパフォーマンスが出せる、というのはかなり厳しいものです。たとえ、初速である程度パフォーマンスが出せたとしても、思いもよらないところで足元をすくわれてしまうリスクもあります。 

教訓としては、どんな組織においても、見えにくく、分かりにくく、健在化もしていないけれども、非常に強く認識しておかなければならない暗黙知はあるもの。 いきなり「教えてください!」では教えられず、信頼関係を相互に築いた上でないと伝承されないさまざまなノウハウなどもあります。 こういったことを謙虚に学ぶ姿勢がなければ、あたらしい組織でパフォーマンスを発揮するのは難しいといえます。 逆にこれをしっかり踏まえたうえで、自身の強みをじっくり出していけば、周囲からの評価も上がる、というものです。

特に、「自分に自信がある!」という人ほど、このワナにかかりやすい傾向があります。 「なんだか歯車が合わない、、、、」という場合、上記のケースに陥っている場合があります。 

 ご参考になりましたら幸いです。


P.S.

また猛暑が続くようですが、がんばってまいりましょう!

映画、「風たちぬ」」観ました。
当日は夏風邪の影響で鼻の調子が悪く、静かに号泣いたしました。 


プライベートコンサル、コーチングhttp://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/


Twitter   Kanemotospj  フォロアーが1.3万人超 
facebook  http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto
LinkedIn Naomasa Kanemoto で検索くださいませ。
お気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »