« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月17日 (月)

「単純なビジネスモデル」のビジネスは簡単にできる?  ヘッドハンター想う

 以前、日本航空が経営破綻した際に、改革のために乗り込んだ稲盛さんが「こんなレベルでは八百屋も経営できない、、、、。」嘆かれたことがありました。 私は稲盛さんとしては日本航空がビジネスを進める上でのマネジメントのマインド、インフラ、システム、仕組みがまったくできていない、ということを分かりやすく表現するためにこの例えを使われたと理解しています。(おそらくほとんどの方がそうだと思います)
 
 私は稲盛さんを尊敬していますし、批判するつもりも一切ないのですが、多くの人が無自覚に使ってしまいやすい、「これでは八百屋も経営できない」というフレーズは、ある種の誤解を生じさせやすいと感じています。

 というのは、八百屋のような極めてビジネスモデルがシンプルなビジネスであればあるほど、「モデル」、「仕組み」、「プロセス」などなどでは差別化が難しいため、その他の、ある意味、「属人的な」な部分で付加価値を出さなければならず、実際やってみるとビジネスをうまく回すことが殊のほか難しい、というリアルな側面があったりします。
 逆説的ですが、日本航空の社員で八百屋を経営できる能力のある人、というのはまずいないと思います。

 視点を変えますと、起業や新規事業立上げの際に、いわゆる自分たちよりレベルの低い人たちが実施しているビジネスモデルがシンプルなビジネスを、自分たちなら簡単によりよくビジネス運営できる、という発想は極めて危険といえます。 
実際にやってみると、やってみないと見えてこなかったさまざまな問題があったりします。 また、その問題の解決が、現在そのビジネスに従事している方なら朝飯前のことが、自分たちにはとても難しい、もしくは実現不可能、みたいなことであったりすると結果は極めて厳しいものになるでしょう。

モデルの理解だけで分かったような気になること、非常に危険です。

 ご参考になりましたら幸いです。

補足

そういった意味で、「机上の空論」だけでなく実際にやってみて、早めに問題点に当たってみるというクィックな行動が重要といえそうです。 理論だけで成り立つビジネスモデルは、後から自分より優秀な人が出てきたら終わり、とも言えますので、ある意味、ハイリスクとも言えそうです。


P.S.

拙著の「プロ・ヘッドハンターが教える 仕事ができる人のひとつ上の働き方」が下記のブログで紹介されておりました。
http://blog.livedoor.jp/norikazu197768/

こちらの方のように、自身の「プロフェッショナリティー」を外部に発信しアクセス可能な状態にしておくことは、キャリア・バリュー高める上でも非常に有効だと思います。
今度、お茶でもご一緒してみようかな。


映画、「華麗なるギャッツビー」観てまいりました。
ギラギラな方はもちろん、米国の歴史を学ぶ、という視点でも有用な映画だと思います。


最近、韓国俳優のオム・テウン氏(Uhm TaeWoong )に似ている、と言われることが何度かありました。どうやら、ドラマ「赤道の男」BS11(月~金AM11:00)の影響のようです。役柄もナイスなようです。 
2012年のMAX体重から10キロ以上健康的にダイエットして、大学生の時の体重と同じになったのが功を奏しているようです。  近々、顔写真もfacebookにアップしてみようかと思います。
リバウンドせぬよう、注意したいと思います。


プライベートコンサル、コーチングhttp://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/


Twitter   Kanemotospj  フォロアーが1.3万人超 
facebook  http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto
LinkedIn Naomasa Kanemoto で検索くださいませ。
お気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月10日 (月)

「稼ぐ」ということは非常に重要です! ヘッドハンター想う

 「稼ぐ、ということが非常に重要である」

と言っても、当たり前すぎて、、、、という感覚ですが、そもそも、「なぜ、稼がなければならないのですか?」というフレッシュな質問が増えてきたので、ここでひとつ述べておきたいと思います。

 まず、現代において、「稼ぐ」ということは「生きるために必要なこと」であり、さらに言えば、「より豊かに、幸せに生きるため」に必要なことと言えます。
 当たり前すぎてかなり気恥ずかしいですが、この「当たり前のこと」が、「豊かな社会」においては認識しづらい状況になっています。 1人でしっかり生計を立てる、そして、家族を養う、ということはそれ相応の「稼ぎ」が必要になってきます。 実家住まいの方は現状の住まいと生活レベルを維持するためにはどれほどの対価が必要か試算してみるとよいかと思います。おそらく想像以上の費用が発生していると思います。

 現代において「稼ぐ」ということが、人間の活動にとってどのような意味を与えるのでしょうか。これを考えるために極端な想定をしてみるのですが、マンモスが生きていたような古代人にとって「稼ぐ」ということは、食料とするためのマンモスやイノシシを安定的に狩猟してくることかと言えるかと思います。古代人にとって、マンモスやイノシシを狩猟できない、現代において言えば、「稼ぐ」ことができなかった場合は、「死」が待っています。 古代人において「稼ぐ」ことが出来なければ、1人で生きていくことも家族を養うこともできないわけです。 

 現代において、「稼げない」ということは、古代人の時代でいえば、「食料が確保できない」と同義と言え、「とても厳しい」状況である、ということが分かりやすく表現できるかと思います。 現代においては「稼ぎ」を保管し他と交換することも可能なので、よほど古代人より生活しやすい環境になっています。 ただ、「稼ぎなくんば、生死も危うい」とことは共通していると考えています。

 「稼ぐ」というとなんだか金銭的にギラギラ、という印象を受けますが、生きていくために、そしてより豊かで幸せな生活を送るために必須のスキルと言え、しっかりと取り組むべき事項と言えます。

 ご参考になりましたら幸いです。


補足
① 「国家のために奉仕している人」は、この「稼ぎ」という認識は除いてよろしいかと思います。公務員がギラギラ、となっては国が揺らぎます。ギラギラな人は民間に出るべきでしょう。

② 「稼ぐ」という感覚が鋭敏で実践できる人、というのは、婚活中の女性が男性を見抜く際の重要なポイントといえそうです。 この感覚が弱い男性というのは、ヘッドハンターの経験からもこの厳しい世界を生きぬくのは厳しいかな、と感じています。


P.S.
①最近、日帰りハイキングに出かけたい気持ちがうずいています。 私、ハイキング初心者ですが誘ってくれる方いれば私信くださいませ。


②プライベートコンサル、コーチングhttp://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/

③Twitter   Kanemotospj  フォロアーが1.3万人超 
facebook  http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto
LinkedIn Naomasa Kanemoto で検索くださいませ。
お気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

楽して稼げるおいしい仕事はあるのか? ヘッドハンター想う

 ヘッドハンターという仕事柄、

「楽して稼げるおいしい仕事はないか?」

という質問を真剣にだったり、ジョークっぽく聞かれることが多い。

 結論から言えば、

「ない」

ということになります。


「年収が上がる」ということは単純に喜ばしいことですが、プラスの側面ばかりではありません。敢えてネガティブ面を挙げるとすれば、

・責任が増す 
・仕事量が増す
・ストレスが増える
・解雇されるリスクが高まる

が挙げらるでしょうか。

 もろもろのトレードオフが発生するともいえ、よくよく「ライフ・プラン」と「キャリア・プラン」の整合性をとり判断したいものです。どちらか一方だけ、では人生全体のバランスが崩れたりします。

 ご参考になりましたら幸いです。

P.S.
①「アベノミクス」は大賛成ですが、政府がどう叫んだところで、サラリーマンの給与が簡単に上がるとは思えません。 自身の力でしっかり稼ぐ方法を考え、実践するのがよろしいかと思います。

②プライベートコンサル、コーチングhttp://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/

③Twitter   Kanemotospj  フォロアーが1.3万人超 
facebook  http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto
LinkedIn Naomasa Kanemoto で検索くださいませ。
お気軽にどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »