« 40才からのキャリア戦略・戦術について (セルフマーケティングについて) ヘッドハンター想う | トップページ | この1~2年でしっかりと金融資産を増やしておきたい  ヘッドハンター想う »

2013年3月13日 (水)

強いつながり・弱いつながりのメンテナンス  ヘッドハンター想う

 世の中のウォッチがしっかりできている方なら、「強いつながり・弱いつながり」というキーワードを見ただけで、「おそらく、こういうことだろうな」と察しがつくかと思います。
 そうでない方、については、このブログを熟読していただければと思います。

 この「つながり」はこの場では「人的ネットワーク」として、その「ネットワーク」のつながり力がざっくり、「強い」、「弱い」と表現しています。
 
 ビジネスパーソンが意識したいのが、どれだけ「強いつながり力」を広範に構築できるかです。究極なレベル感としては、「自身に何かあったら雇ってくれる、もしくはよい就職先を確実に確保してくる」だけの「つながり」力です。 現実的には、「雇用の確保において、非常に協力的な支援が期待できる」レベル感かと思います。 
 
多くのビジネスパーソンは、「強いつながり力」については無意識、意識的に関わらずある程度、「備え」ができてるのではないかと思います。 ヘッドハンターから、「強いつながり力が重要です!」と言われても、心に響くものはそんなにないかと思います。 今回は、意外にも軽視されがちな「弱いつながり」について特に注目してみます。 

 「強いつながり」ができているネットワークに対しては、みなさん、それなりに「メンテナンス」されています。 
逆に、「弱いつながり」については、既にご自身で「弱い」と認識されているだけあって、実際に「弱い」、現実的に言えば、「まったく役に立たない」になっているのではないでしょうか。

 ヘッドハンターの実務から言えば、この「弱いつながり」を維持できているかどうかで、各人のキャリア・サバイバビリティーは大きく異なってくるという実例を頻繁に見ています。 
 実際に私が受けた依頼としては、下記のようなケースがあります。

「昔、一緒に仕事をしていたAさんを探して欲しい。今、どこで何をしているのかも分からない、、、。」

「昔、一緒に仕事をしていたBさんを探して欲しい。 あの会社にいるということは分かっているのだが、、、。」

 私の「商売の種」をつぶしてしまうようで公開するか逡巡しましたがここは敢えて皆様のお役に立てればと公開します。

 上記2例から分かる通り、「多少弱くても、なんとか連絡が取り合えるつながり」を維持していれば、より楽に「つながって」いれたと言えます。 積極的に「隠者」を目指す、というならよいのですが、資本主義の中でサバイブするビジネスパーソンとしては、「多少弱くても、なんとか連絡がとれるつながり」を維持しておく努力は必須事項といえます。

「強いつながり」は無意識でも維持・強化できますが、「弱いつながり」は意識的に多少の努力を払わないと維持するのも難しいといえます。 「弱い」ゆえに意識しづらいのが、難しいところですが、そこから得られるメリットは甚大なものがあったりします。 得するからやったほうがいいよ、というとなんだか元も子もありませんが、ビジネスパーソンの身を守る上でも有益な智恵だと考えています。

ご参考になりましたら幸いです。 

補足
① 上記の具体的アクション1としては、「飲み会に誘われたらとりあえず参加」ということでしょうか。
② 昔はこの「弱いつながり」の維持に「年賀状」が重要な役割を果たしていました。まさに先人の智恵といえましょう。 今でもその恩恵を受けているビジネスパーソンも多いといえます。
最近では、facebook, LinkedInになるのでしょうか。積極的に活用しない手はありません。
③ 「強いつながり」も「弱いつながり」も俺はバッチリだよ!と豪語する方もいると思います。念のため付け加えておくと、「同じ会社」だけのつながりははっきり言ってキャリア・サバイバビリティーの向上にはまったく無意味です。 他業界、他社、クラスが違う方とのネットワークこそ活きてきます。 

P.S.
①株価が堅調な動きを見せていますね。
 魅惑の響きがある「デイ・トレーダー」ですが、自身の経験からになるのですが、サラリーマンから「デイ・トレーダー専業」になるのは基本的にはやめたほうがいいかと思います。 私も、ものすごく調子がいい時期がありまして、「デイ・トレーダー専業」が頭をよぎった時がありますが、結論、やめておいてよかったです。 数年のスパンでみれば、素人がサバイブできる世界ではありません。 毎月、一定額が入ってくるビジネス・パーソンのバリューはとても高いものです。
 上昇相場の時は比較的、誰でも勝ちやすいですが、そうでない時はプロでも勝つのは難しいものです。
 「本当のプロ」はいいかもしれませんが、なかなかそんな人はいないものです。

②恥ずかしながら、花粉症歴約20年です。 ここ数年は、「花粉飛んでるね~」ぐらいでしたが、今年は例年になく強烈です。

③プライベートコンサル、コーチングhttp://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/
*3月、4月は最もご依頼が増える時期です。

④Twitter   Kanemotospj  フォロアーが1.3万人超 
*facebook  http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto

|

« 40才からのキャリア戦略・戦術について (セルフマーケティングについて) ヘッドハンター想う | トップページ | この1~2年でしっかりと金融資産を増やしておきたい  ヘッドハンター想う »

コメント

はじめまして、加藤(防大49期)と申します。防大卒の社長で検察しておりましたら、兼本さんに行きつきました。facebookの方にもメールを送らせて頂きましたが、私は、将来、起業家を育成できる人間になりたいと思い、昨年7月末に航空自衛隊を退職しました。半年間は個人で活動していましたが、やはり力をつけたいと思い、4月よりベンチャー企業で働くことになりました。お会いしたこともないのに大変ずうずうしいことを言いますが、兼本さんの民間でのご経験をご教授して頂けないでしょうか?お会いできたら幸いですが、facebookからでもお願いします。かならず力をつけ、何かの際にはご協力しますので。

投稿: 加藤聡 | 2013年3月19日 (火) 13時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101698/50746509

この記事へのトラックバック一覧です: 強いつながり・弱いつながりのメンテナンス  ヘッドハンター想う:

« 40才からのキャリア戦略・戦術について (セルフマーケティングについて) ヘッドハンター想う | トップページ | この1~2年でしっかりと金融資産を増やしておきたい  ヘッドハンター想う »