« 強いつながり・弱いつながりのメンテナンス  ヘッドハンター想う | トップページ | 「成功事例」に安易に飛びつくなかれ 自分なりのストーリーを冷徹に考えよう  ヘッドハンター想う »

2013年3月28日 (木)

この1~2年でしっかりと金融資産を増やしておきたい  ヘッドハンター想う

 「ヘッドハンターのブログ」なので、「金融資産」の話はどうかと思いましたが述べてみます。

ある意味、人生を豊かにするための金融資産であって、それを形成するため「キャリア」でもあるわけで密接に絡んでくる話かと思います。主が「金融資産」であり、従が「キャリア」ともいえます。

 逆にキャリアが先で、金融資産の話は後回し、もしくは眼中にない、ではとてもリスキーな発想かと思います。 少なくともこのスタイルでサバイブできる時代は「終わって」おり、これからは、幸せな人生をおくるために金融資産をいかに増やすかは重要なテーマかと考えています。

一番述べたいポイントを述べると、

「ここ1~2年でどれだけ金融資産を増やせるかで、人生の中でどれだけ金融資産が増やせるか、ほぼ決まる」

ということです。

 アベノミクス効果で株価も上昇、景況感も上昇しておりますが、これがそのまま続く、と思ってはいささか浅はか、と言えます。20~30年のレンジで見ればこれは「最後の大勝負」になる可能性が高いと感じています。

 これは私の見解ですが、私の幅広い人脈からさまざまな分野のプロに聞いてみたところ、程度の差は若干ありますが、おおむねトレンド感は一致していたりします。
反対に、まったく逆の読み、つまり、「今後も右肩上がり成長が続く!」と言う人はいない、という状況でもあります。

 特に30才以上の方にとっては、残念ながらではありますが、最後のチャンスになるかもしれず、積極的に金融資産を増やす方策を検討、実施されることを強くお勧めします。

 「じゃ、何がいいの?」

という声が聞こえてきそうですが、それば各人で考えてください。
老婆心ながら言うと、既に上昇しすぎている感もありますので、「高値づかみ」をならないよう、十分ご注意くださいませ。
ただ、相場が上がる時というのは、ビギナー、塩漬けからの復活プレイヤー、海外投資家
などなど、「上がるから買う、買ったら上がるからまた買う」みたいなビックウェーブがきます。 乗りっぱなし、ではなく、潮時の見極めが生死を分けますので、是非是非、ご留意を。

 ビジネスパーソンであれば、自身の稼ぎだけで金融資産をつくり、幸せに暮らすのが理想。
ただ、それだけで豊かな生活ができる時代でもなく、「自身の稼ぎ」以外でも金融資産を増やす方策を考えるのがよろしいかと思います。 

ご参考になりましたら幸いです。 

補足
① では、「あなたはどうなの?」と聞かれると思いますのでざっくり述べてみますと、2013年1月までは不動産を除く金融資産の95%強は有価証券となっています。 
現在は約80%程度でしょうか。これは「機動的な運用」をするために手持ちキャッシュを多めにしているからです。 この1~2年の間に有価証券の比率を徐々に下げていく方針です。その比率については状況みて判断ですが、30~50%になるのかな、と思います。

② あくまで私見ですので、もろもろは自己判断、自己責任でお願いします。

③ 2011年~2012年ごろ、若手の方には、「金融資産増やしたいなら、今ほど株式の仕込み時はないよ。自分なら全額、株式に入れるよ」とお伝えしておりましたが、実践されている方は結構、オイシイ状況になっているのではないでしょうか。
オイシクなっている方、食事でも誘ってくださいませ。
もろもろ情報交換いたしましょう。


P.S.
①自身の経験から、シャンパン・タワーがあちこちで見られるようになったらバブルのピーク、と考えています。

②プライベートコンサル、コーチングhttp://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/

③Twitter   Kanemotospj  フォロアーが1.3万人超 
facebook  http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto
LinkedIn Naomasa Kanemoto で検索くださいませ。
お気軽にどうぞ。

|

« 強いつながり・弱いつながりのメンテナンス  ヘッドハンター想う | トップページ | 「成功事例」に安易に飛びつくなかれ 自分なりのストーリーを冷徹に考えよう  ヘッドハンター想う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101698/50994519

この記事へのトラックバック一覧です: この1~2年でしっかりと金融資産を増やしておきたい  ヘッドハンター想う:

« 強いつながり・弱いつながりのメンテナンス  ヘッドハンター想う | トップページ | 「成功事例」に安易に飛びつくなかれ 自分なりのストーリーを冷徹に考えよう  ヘッドハンター想う »