« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月25日 (月)

「会社を替える」と「一緒に働いてきた仲間も替える」ということか ヘッドハンター想う

前回のブログのタイトル、「会社を辞めるという感覚について」が、ここ最近では珍しく大きな反響がありました。 ひとつひとつについて回答するのが難しいため、あらたに1本書いてみることにいたしました。

 それが、今回のタイトルである、
『「会社を替える」と「一緒に働いてきた仲間も替える」ということか』になります。

 転職が初めての方になると、未経験ゆえに妙に「会社を辞めるということ」、「転職するということ」 に力が入ってしまうのは致し方ないことといえましょう。 
ただ、「一生一社」というのは、もはや現実的ではない時代。 適時適切に自分を投資する場(会社)を選んでいかなければ、実りある人生を築くことは難しいといえるでしょう。 
 
  実際に、コンサルティングファームなどでは数十年前から、「会社を辞めること」を、「卒業します」と表現していたりします。 「いつ卒業する?」なんて話は社員同士のランチ時にも平気で出てくるレベルだったりします。 最近では比較的多くの企業でも会社を辞めることを「卒業する」という表現を使うようになってきたと感じてもいます。

 本題に入りますと、
「会社を替える」と「一緒に働いてきた仲間も替える」ということか、については、半分Yes,半分No,といったところでしょうか。

 その意味するところは、新しい会社に入ることで、必然的に新しい仲間が加わる、ということろがYes. 逆に、Noの部分で言えば、そのままそっくり仲間が「入れ替わる」というわけでなく、前の会社の仲間との絆はそのまま継続すればよく、さらに新しい仲間が加わるので単純に人脈が2倍以上になる、というところです。しっかり現職で築いた人間関係を自分から断ち切る必要もなく、むしろ積極的に維持・メンテナンスしていきたいものです。 会社が替わったぐらいで連絡がとりづらくなる、とれなくなる関係というのは、そもそもの関係性が薄いといえ、これで切れるなら切っておいても何も問題はないでしょう。

 「会社を替わる」ことを、戦国時代の豊臣につくか、徳川につくか、そしてどちらかについてしまったら、もう一方とは今生の別れ、という感覚で捉えていては、いささか時代遅れも甚だしいといえます。 これからの時代はまさに学校を卒業する感覚で、理想を言えば、「卒業するたびに人脈が増えてますます仕事がしやすくなった」境地を目指したいところです。 実際に華麗にキャリアを伸ばされている方の多くはこの境地に達している方がほとんどです。 この境地に入ってしまえば、「おいしい話」というのは黙っていても入ってくるようになってきます。

 ただ、注意しなければならないのは、単純に卒業数を増やせばいいか、というとそうでもありません。 実際に現職中に一目置かれるような仕事ぶりをしなければ、「卒業したとたんに忘却の彼方の人」になってしまいます。 こういう人は、転職するたびに人的関係を構築しなければならないため、いつまでたっても人脈が広がらず、「ただの人」で終わってしまいがちです。 こんな人になってはならず、やはり現職でしっかり輝いておく必要があるといえます。

 会社を替える感覚、 ご参考になりましたら幸いです。

P.S.

今回の会社を替える感覚はキャリアプランニングを考える上で非常に重要な視点です。 拙著の2冊で詳しく記載していますので、関心高い方は一読されることをお勧めします。 これを読んでから質問いただけると、私からのアドバイスがより効くと思います。


プライベートコンサル、コーチング http://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/


Twitterアカウント Kanemotospj  フォロアーが1.2万人超 
*facebook     http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

「会社を辞める」という感覚について  ヘッドハンター想う

 昨今のリストラの勢いは凄まじい。 

1企業だけのリストラであれば、「競合他社にでも行くか」という選択肢もありなのですが、「業界全体リストラモード」だったりすると、同業界への転職も難しく、他業界では即戦力となりえず年収も3割以上ダウン、というのは当たり前、それでも雇用の確保ができれば御の字、という「非常に厳しい世界」が「日常の風景」となってきています。 

拙著でも述べているのですが、なんと「ゆで蛙(カエル)状態」の人が多いことか、、、、。  ザンネンでなりません。

どうしてこんなに、「ゆで蛙」の人が多いのでしょうか。
そして、どちらかというと、こんな「ゆで蛙」の人が感覚的には大多数を占めているような印象を受けており、ますます危機感を感じています。 

ちょっと考えてみたのですが、どうも日本人は「会社を辞める」ということに、無意識のうちに拒否反応を示しがちなのでは、と感じました。 「なにごとにも初志貫徹、最後までやりぬく」というのは日本だけでなく古今東西においても美しいスタイルかと思いますが、これだけ変化の激しい経済環境の中で、現職にしがみつく、というのはもはや現実的ではありません。 

ここで発想を、「会社を辞める」ではなく、「会社を替える」という考え方にシフトすれば、かなり心理的負担も軽くなるのでは、と考えています。 
言わば、「乗っている車を替える」という感覚で、「会社を替えるということ」について考えてみると、あらたな気づきや発見、チャンスをつかむことも可能になってくるのでは、と考えています。 「玉砕するまで、、、、」と粘ってみても本人が疲弊するだけでなく、あらたなチャンスをつかむ機会まで失いかねません。 

「辞める」と「替える」では大きな感覚的な違いがあります。 「替える」という選択肢ないままのキャリアプランニングはかなり危険と考えています。 それは戦艦大和の最後の出撃に似ているかもしれません。 

 「替える」という考え方、今一度、取り入れてもよいかもしれません。
力強くサバイブしているビジネスパーソンは既に実践されています。

 ご参考になりましたら幸いです。

P.S.

危機の察知もお早めに。 
早ければ早いほど、サバイバビリティー高まります。


アンダー40歳で何%の人が定年退職までたどりつけるのでしょうか。 私見では1%以下でしょう。 そんな状況でどうキャリアプランを立てるか、非常に重要です。


先週、クイーンズ伊勢丹品川店で財布を紛失。レジ袋に収納中に財布を横に置いたまま去ったらしい、、、。 サブの財布だったので気づくのが2日後、という痛すぎる状況になったものの、ちゃんと遺失物として届けられており、しかと手元に戻ってきました。 他山の石としていただければ幸いです。


プライベートコンサル、コーチング http://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/


Twitterアカウント Kanemotospj  フォロアーが1.2万人超 
*facebook     http://www.facebook.com/NaomasaKanemoto

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

他人の「リア充な話」はおいしくいただきたい ヘッドハンター想う

 「リア充」という言葉をご存知だろうか。 

 恥ずかしながら、私もこの意味を知ったのは結構、遅いほうである。 最初は、「リア王の話」のエピソードをもじった意味かと思っていた。 しかし、実際には、「リアル充実」=「現実世界が充実している」という意味であるとのこと。 

 私が驚いたのが、この「リア充」の使われ方である。
「リア充」ということである意味、尊敬の念をこめられた使い方をされているのかと思いきや、「リア充」がやっかみの対象となっており、「自分はリア充ではない。リア充の人はいいよね」とスネた使われ方をしていることです。 

 当ブログを読んでいる人には、巷で広まっているような「リア充」の使い方をしている人は皆無だと思います。 他人のリア充な話を聞いて、「自分もそのようなレベルまで目指したい!」と自身をモチベートさせる良き発奮材料とされていることと思います。 もし、そうでない人がいたら、是非、このような使い方をされることを強くお勧めします。

 私見を言えば、この「リア充」の使い方も、より前向きな使い方をされてくると、個人も組織も社会もかなり明るいものになるのではないか、と考えています。 なんだか、「リア充話し」をするのがはばかれるような雰囲気ではさびしいではありませんか。 

 話す場は十分考えてからではありますが、前向きな「リア充話し」が増えることを期待しています。 
是非、あなたからはじめてみてはいかがでしょうか?

 なにかしらの参考になりましたら幸いです。


P.S.

早速自身の「リア充話し」で恐縮ですが、ベッドを高級ホテル御用達の「Seally」(シーリー)に交換しました。 寝る面が、床上から64センチあり、膝よりも上です。 「ベッド交換してすぐに寝れるかな?」と心配しましたが、すぐに爆睡しました。 寝りの質を高めてさらに仕事に打ち込みたいと思います。


プライベートコンサル、コーチング http://privateconsulting.cocolog-nifty.com/blog/


Twitterアカウント Kanemotospj  フォロアーが1.2万人超 
*facebook  http://facebook.com/KanemotoNaomasa

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »