« レジメ(履歴書・職務経歴書)、フルオープン時代が来る! ヘッドハンター想う | トップページ | 懐かしのフレーズ、「ドッグイヤー」について ヘッドハンター想う »

2011年8月29日 (月)

東京を離れるべきかどうか ヘッドハンター想う

 昨今の原子力発電所事故により、特にお子様がいるご家族が東京脱出を検討している、もしくは既に実施した、という事例が増えてきています。       
                                                        
 私の仕事柄でも、「地方での就業を希望している」という相談が増えてきており、この場で、この問題を解決する考え方や参考情報を述べてみます。       
 
 
 一番のポイントは、「どこの場所で働くのか」という問題より、「人生の中で大切にしたい優先順位をはっきりさせるべし」となります。                       
 「人生どうしたい」という方向性があって、「どこで働くか」となります。これを、「どこで働く」を一番に考えてから、「どう人生組み立てるか」では、いい人生が送れるわけがありません。
 
 現状踏まえた上で、                                                 
 「放射能フリー」なのか、                                                               
 「人並み以上に稼ぎたい」のか、                                      
 「どのような日常生活、余暇を過ごしたいのか」、などなどを、                          
 自身(この問題の場合は、家族となるかと思います。 ちなみに独身の方からこういった相談は皆無です)ではっきりさせ、その優先順位に添って意思決定するのがよいかと考えています。                                     
 加えて、「科学的な放射能の影響どうのこうの」よりも、自身(家族)がどのように感じているのか、といった感覚値が重要です。この「放射能の影響をどのように考えるか」には個人差がありすぎるため、まずは家族の感覚を重要視すべきかと思います。(これをしないと、双方、「あなたは分かってない!」と悲惨な結果になるかと思います)                           
                        
 意思決定できない理由のほとんどは、自身(家族)の中で、この優先順位づけが意識できていない、曖昧、共通認識がとれていない、となります。この、「人生の中で大切にしたい優先順位をはっきりさせる」ことにより、「どのように働くか」がはっきりします。  「地方に住み、働きたい」と願っているのに、現状並みのライフスタイルは保ちたい、という考えでは甘すぎ、といえましょう。                                           
 地方勤務希望の方へ、具体的にこういった点は留意した方がよい、とアドバイスさせているポイントは下記の通りです。
参考になれば幸いです。                                            
・年収レンジが今より下がる。 2~3~5割下がっても大丈夫か。                        
          
・転職活動は極端にしにくくなる。キャリア・サバイバビリティーは低下するが大丈夫か?                                             
                                                   
・余暇・娯楽の幅は低下するが大丈夫か?(逆に得られるものもあるでしょう)                                                      
 
・教育環境について選択肢の幅は少なくなるが大丈夫か?                        
 ひとりひとり、さまざまな状況、希望、願望、制約条件があるでしょう。
 今一度、「人生で大切にしたい優先順位」を考え、それに添った意思決定をすることで、実りある、納得感ある人生になるかと考えています。                      
           
 ご参考になりましたら幸いです。                                         
補足
現在、事業継承がらみで地方の企業から経営幹部の招聘という話しは、結構来ています。
ただ、このクラスは、完全なエグゼクティブクラスなので、多くのビジネスパーソンにとっては残念ながらご縁の領域かと思います。
また、招かれる場合には給与は上げやすいですが、「働かせてください」とお願いする場合には、地元相場並みにならざるを得ないかと思います。
                                                   
 
P.S.
先日、マイブームとなっている「断捨離」の一貫として、不要なゴールドを現金化してきました。
お勧めです。
BURTONのスノーボードを処分したところ、なんと千円ちょっと。
空いたスペースでよしとします。                                             
                                       
プライベートコンサル始めてます。
週に1件程度、お受けしています。
日程調整は1週間程度余裕をみてくださいませ。
「明日!」というわけにはまいりません。                                         
                              
Twitterアカウント Kanemotospj  フォロアーが1.2万人超です。 

|

« レジメ(履歴書・職務経歴書)、フルオープン時代が来る! ヘッドハンター想う | トップページ | 懐かしのフレーズ、「ドッグイヤー」について ヘッドハンター想う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101698/41402562

この記事へのトラックバック一覧です: 東京を離れるべきかどうか ヘッドハンター想う:

« レジメ(履歴書・職務経歴書)、フルオープン時代が来る! ヘッドハンター想う | トップページ | 懐かしのフレーズ、「ドッグイヤー」について ヘッドハンター想う »