« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

流行らせたい問答 「で、いつ、何を、どうするのですか」 ヘッドハンター想う

 まさに未曾有の国難、とは現在の状況でしょう。
 こんな状況だからこそ、決断力が重要です。
日本に溢れる多くのこれまでの、そして直近の課題、問題の解決策のオプションというのは既に出尽くしています。
 日本人の考える能力は高いと考えています。
ただ、圧倒的に弱いのが、「決断力」です。
決断できないために、時間の経過と共にますます状況が悪化している、という事象が多すぎです。
日本の財政破綻の状況、
原子力発電所事故の処理、
この夏に向けての電力不足をどう乗り切るか、、、。
 そこで、決断を周囲から促す意味でも、「で、いつ、何を、どうするのですか?」というシンプルな問いを意識的に多用することが広まれば、状況の改善に少しでも役に立つのではないかと考えています。
なんだか、よく分からない分析や持論を長々と展開する人に、「で、いつ、何を、どうするのですか?」と投げかけることで、不毛な時間の浪費を避け、
より効果のある解決策の実施につながればと考えています。決断と実行のない議論は不毛です。 
 決断力、非常に重要です。
「で、いつ、何を、どうするのですか?」というフレーズが
決断力をリーダーに頼るだけでなく、フォロアーとしてもリーダーが決断しやすい状況を作り出してあげることの一助になれば、と期待します。
 ご参考になりましたら幸いです。 
補足
国の動きもそうですが、企業でも似たような先は多いですね、、、。
変えていきましょう!
P.S.
政治がどうの、を抜きにしても、私見で言えば、枝野氏の説明能力は低いと思います。
あれだけ内容の薄い話しを、余計な言葉を混ぜすぎてダラダラ話す、というのは理解できません。
時間ドロボーです。
(薄い話しを意味なく長く話す、というのが評価されているのでしょうか、、、。)
もし、枝野氏の話しが分かりやすい、という方がおられたら、
即、ロジカルシンキング、クリティカルシンキング系の書籍購入、プラスして、研修に参加することをお勧めします。
この夏の電力不足を非常に心配しています。
やれることから実施していかないと、本当に大変なことになると思います。
Twitterアカウント Kanemotospj  フォロアーが1万人超です。 
プライベートコンサル始めてます。
週に1件程度、お受けしています。
日程調整は1週間程度余裕をみてくださいませ。
「明日!」というわけにはまいりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

採用チェックポイント ヘッドハンター想う 

 採用面接でのポイントはいくつかあるのですが、私が最も重要だと考えているのは、
「その人が、働くということをどのように考えているのか?」ということです。
 これを見抜く方法としては、ズバリ、シンプルに、
「あなたにとって、働く、とはどういうことですか?」と聞くことです。
 
 理想的な答えとしては、働くことがその人にとって自己実現のレベルに近いほど、○です。
理想を言えば、働くこと、イコール自己実現みたいな状況です。
意外に思われるかもしれませんが、こういった方を私は仕事柄大変よくお会いします。
 逆にダメな答えとしては、「ま、生活を維持するためですかね」みたいな働くことが生活をするための手段になっているような思考スタイルの方です。 こういうタイプとは私は滅多にお会いしませんが、いた場合は、総じて「そこそこ人材」です。
 同じ仕事をするにしても、自己実現に近い感覚で取り組んでいる人と、生活のためと割り切って取り組んでいる人のパフォーマンスを比べた場合、そこには大きな差が出ることは誰の目かも明らかでしょう。
また、ここ一番という踏ん張りどころでどちらがより踏ん張れるかも自明だと思います。
 こういった価値観はレジメ上だけでは見えにくいものなので、しっかりと対面面接の場で確認したいものです。
 
 また、自問してみることもお勧めします。
 自己実現に近い感覚で仕事に取り組みたいものです。
 そういった感覚になれていない場合は、そういった仕事を探すべきでしょう。
 才能の浪費です。
 ご参考になりましたら幸いです。
P.S.
弊社が感じる企業の採用意欲は、まったく減衰していないような状況です。
ありがたいことです。
ただ、面接日程調整などは若干調整しづらいとは感じています。
個人的な大震災の影響をひとつ。
証券口座を二つもち株式の運用をしています。
ひとつはアグレッシブな運用スタイルの口座Aと、中・長期系運用スタイルの口座Bです。
東京電力の株価の乱高下をみて口座Aでトレードを実施し満足のいく利益がでたのですが、
口座Bに東京電力株を持っていたのを失念しており、気づいた時には大変な状況になっており即売却。
トータルでプリウスが買えるぐらいの損失になってしまいました。
口座Bは月に1回見るか見ないかのスタイルだったので、急変時にはしっかりチェックすべきだったと反省しきりです。
震災の現地の方々の被害に比べると微々たるもの、と自分を慰めたいと思います。
それにしても、想定外のことが起こりすぎですね、、、、。 
がんばってまいりましょう!
Twitterアカウント Kanemotospj  フォロアーが1万人超です。 
プライベートコンサル始めてます。
週に1件程度、お受けしています。
日程調整は1週間程度余裕をみてくださいませ。
「明日!」というわけにはまいりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

こんな時こそ、基本徹底でいこう。  ヘッドハンター想う 

 東北地方太平洋沖地震で被害に遭われた方々には謹んでご無事をお祈りします。

 これだけ外部環境、自身の目の前の状況の変化が激しく、厳しく、予測しがたい時こそ、
自分自身の守備範囲だけでも徹底して実施してまいりましょう。
 
 自分のやるべきことがしっかりできていれば、「不安」、「焦り」は自ずと解消できます。
 ご参考になりましたら幸いです。
P.S.
日本人サラリーマンの出社にかける執念の現場をテレビ映像で見るにつけ、この国の復活を強く確信しています。
最も驚いた映像が、14日(月)に大宮駅あたりで朝の電車が出ないと分かると、通勤用自転車で都心に向かう大勢のサラリーマンの姿でした。
おそらく11日(金)も帰宅困難でクタクタになっているにも関わらず、
このマインドは本当に素晴らしいと思いました。
ただ、状況が状況だけに、皆様、無理なさらずに、ともお伝えしたいと思っています。
近所のワンコが地震(余震)がくる直前にワンワン鳴いてくれて助かっています。肉球で感じとっているのでしょうね。 
それにしてもすごい頻度で余震きますね。
Twitterアカウント Kanemotospj  フォロアーが1万人超です。 
プライベートコンサル始めてます。
週に1件程度、お受けしています。
日程調整は1週間程度余裕をみてくださいませ。
「明日!」というわけにはまいりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

リタイアする前にいくら必要かしっかり確認しておこう。 ヘッドハンター想う 

 今回のタイトル、「リタイアする前にいくら必要かしっかり確認しておこう」ですが、日本人は特にこの認識が甘いと感じています。 
逆に欧米系の人はこの感覚を常に持っているとも感じています。
 結論から言えば、「リタイアするまでにいくら必要なのか」といった具体的な数字感覚はしっかりもっておくべきです。
 これまでは、有史始まって以来のサラリーマンにとって幸せな時期で、ただなんとなく生きていても終身雇用制の中である程度幸せに生きてこれました。
ただ、既に現在はそんな時代ではなく、「素敵な定年」を迎えられる人はほとんどいないだろう、というのが現実です。
ほとんど多くの人が、「次のオリンピックまでこの会社にいられるのか」とった危機感の中で生きているといえます。ただなんとなく会社にぶら下がっていればなんとかなる、と思っていては本当にキケンな時代なのです。 
 「リタイアするまでにいくら必要なのか」がはっきりすれば、
今の会社でどれだけ、がんばらなければならないのか、はっきりするでしょう。
もしくは、「この会社、業界にいては危ない、、、、。」ということがはっきりするでしょう。 
 要はゴールがはっきりすれば、
残された期間の中で、これまでのポテンシャルをどう活かし、
どういった戦略・戦術で戦うか、
リスクとリターンの取りようもはっきりします。 
 「リタイアするまでにいくら必要なのか」を算出し、それをどうやって達成させるか真剣に考えると、ちょっと恐ろしい結果になると思います。
こういった危機感を自分で感じ、キャリアプランをしっかり考え、かつ実行に移すことがが必須かと考えています。 
 是非、「リタイアするまでにいくら必要なのか」、考えてみてください。
そうすることで、「今、何が必要なのか」がはっきり見えてくると思います。
 ご参考になりましたら幸いです。
P.S.
テレビ番組「サンデージャポン」に出演してみたいと思っています。
どなたかよい方法をご教示いただけましたら幸いです。
今週の週刊ポスト、P.58に私のコメント記事が掲載されています。
恥ずかしながら、花粉症です。
厳しいですね、、、。
プライベートコンサル始めてます。
週に1件程度、お受けしています。
日程調整は1週間程度余裕をみてくださいませ。
「明日!」というわけにはまいりません。
Twitterアカウント kanemotospj フォロアーが1万人超です。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

「やっぱり情熱じゃない?」 ヘッドハンター想う 

 先日、ある企業からの依頼を受け、指名スカウトの候補者の方、X氏とお打ち合わせしました。
 こちらのX氏ですが、変化の激しい業界のある老舗企業の取締役で40代半ばの方なのですが、やはり、普通のサラリーマンとは一線を画す特徴が顕著でした。
 まず、フットワーク。
(というか、判断の早さ、ともいいましょうか)
 電話で連絡がとれあった瞬間で、「いつ、どこで」会うか決めてしまいます。
「都合がつくようになってからね」なんていう悠長なスタイルではありません。 
 また、フェアな感じのオープンさとでもいいましょうか、
そのX氏いわく、「なかなか腕の良さそうなヘッドハンターだと思ったから、人事部に御社を推薦しといたよ」、とのこと。 うれしいやら、マズイな、といった感じです。 (結論としては、うれしいです)
 せっかくなので、「Xさんが、ここまで順当に出世してきた秘訣はどんなものだったのでしょうか?」と聞いたところ、
「やっぱり、この仕事したいっ!ていう情熱なんじゃない?」とのこと。
 
 極めてシンプルに、「これ以外にあるのか?」といった表情が印象的でした。
 かなりの激務ぶりであることが容易に想像できるX氏ですが、全身からすこぶる健康そうな印象も感じます。
 仕事どうする、こうする、というテクはいろいろありますが、シンプルに、「情熱もって仕事取り組めているかどうか」は非常に重要といえます。
 あなたは「情熱もって」仕事に取り組めているでしょうか?
「情熱もって仕事に取り組むこと」について真剣に考えてみる必要がありそうです。 また、そのための策は真剣に考え、実行する価値があると考えています。悶々と悩んでいるだけでは何の解決にもなりません。 
 ご参考になりましたら幸いです。
P.S.
①本日発売の「週刊ポスト」のP.58に私のコメント記事が載っています。
 チラ見是非!
 ちなみに文章チェック、写真のセレクトは出来ず、
 インタビューを受けて、そのまま掲載、という流れです。 
 さらに、編集者に本日、「いつ掲載なのですか?」とお尋ねしたところ、 
 「今日、発売されている」とのこと。
 スピード感ある業界、と痛感しました。
②映画、「あしたのジョー」を観てきました。
 「熱さ」を感じさせてくれてよかったです。 
 草食系男子は敢えて必見かと思います。
 草食系男子の彼氏にお悩みの方も2人で観にいってもよいかもしれません。
プライベートコンサル始めてます。
週に1件程度、お受けしています。
日程調整は1週間程度余裕をみてくださいませ。
「明日!」というわけにはまいりません。
Twitterアカウント kanemotospj
最近、厳選してフォローさせていただいております。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »