« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月29日 (金)

ブログ ビジネスパーソンは女優(男優)? ヘッドハンター想う 

  「女は女優よ」という言葉がある。
 これは1人の人間が、目的達成のためにさまざまなシチュエーションに応じて、それに応じた役割を「演じきらなければならない時がある」ということを端的に示す好例といえましょう。
 
 翻って、「ビジネスパーソンも女優(男優)」といえましょう。
ビジネスパーソンとして、会社の中の役割をキッチリ演じきることが、他者からの評価につながるといえます。
 
 最近、「自分らしさ」を大切にする風潮がありますが、ビジネスパーソンとして活躍するには求められた役割をきっちり演じ切ることが求められます。 「演じきれた」上で、自分らしさのフレバーを付け加えるならば素敵ですが、「基礎・基本」もできないうちに「自分らしさ」とは甚だ「アマチャン」といえましょう。 このあたり、あなたが「先輩」であるなら、きっちり「後輩」に指導すべきでしょう。「挑戦者」の立場であるならまず求められる「役割」を演じきることに最注力することが重要です。
 また、それでも「自分らしさ」を大切にしたければ、自身で起業するしかないでしょう。
 ただ、付け加えておくと、起業したとしても、そこには、他者から求めらる役割があるわけで、
それこそ、本当に「自分らしく」行動できることはそうそうはないと思います。 
 私が会う、既に成功しているビジネスパーソンの中には、
「自分は今のポジションで成功しているわけだが、本当の自分の強みは違うところにあるんだけどなぁ~」とつぶやかれる方は少なくありません。 求められる「役割」をきっちり演じ切っているからこそ評価され、それなりの立場になられているのだと思います。
 
 分かりやすく言えば、「一兵卒」の兵士が、「将軍」のように考え、行動していれば、「お前、なにやってんの?」となります。 昇格の各ステージのそれぞれの役割をきっちり演じ切ることによってのみ、次へのステージが開かれるのです。
 逆のお話しをしたいと思います。
 「演じる切ることが重要」が述べてみましたが、「本当の自分」と「仕事のために演じ切っている自分」との間に、結構なギャップがあっては、これはこれで近いうちに心身のバランスを崩してしまいかねません。
 マジメな方ほど、この心のギャップにフタをしてがんばりすぎてしまう傾向があるため注意が必要です。このあたりの見極めは本人が気づきにくかったりしますので、プロのヘッドハンターに一度相談してみてもよいかもしれません。
 ポイントを整理してみますと、
①ビジネスパーソンは女優(男優)。 きっちり求められているロールを演じきるべし!
②「本当の自分」と「仕事のために演じ切っている自分」を冷静に見極め、
 ギャップを常に認識し、そのギャップが自身でコントロール可能なレベルなのか、常にウォッチしておこう。
 ざっくり述べればベクトル、方向性、志向性が同じ向きなら大丈夫。   
 逆に向きが大きくズレている、間逆の方向だったりするとリスク高いといえ、ライフプラン、キャリアプランを再考しよう。
 ご参考になりましたら幸いです。
P.S.
①グッと寒くなってきましたね。
 あの夏の猛暑との差がすさまじいですね、、、。 
 また、こんな時期に台風とは、、、、
 変化激しすぎです。
 とうとう車内の温度設定を「クーラー」から「ヒーター」に変更です。
 洗面所にもデロンギ出動です。
 
②寒くなると、
 ヘッドハンターへのご相談も増加傾向になります。 
 やはり寒くなると生存本能がグッと鋭敏になってくるからでしょうか。
プライベートコンサル始めました。
Twitterアカウント kanemotospj

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

忘年会の日程調整はお早めに! ヘッドハンター想う

 2010年もあと70日ちょっと。
稼働日でいうとざっくり50日を切っているのではないでしょうか、、、、。
 さて、本日のテーマですが、「忘年会の日程調整はお早めに!」ですが、2つのポイントがあります。
 ひとつめは、「早め早めのアクションでモノゴトをスムーズにまわす」、
 ふたつめは、「忘年会の戦略的活用について」です。
 ひとつめは当たり前過ぎますのでここでは述べず、今回は「忘年会の戦略的活用」ついて詳細述べてみます。
「忘年会の実施」ひとつとっても、「仕事のできる人」と「そうでない人」の差は歴然です。
(今回は社内での忘年会ではなく、お取引先との忘年会をイメージしています。と言っても、通じるところは大かとは思います)
 まずは、「そうでない人」の例を見てみましょう。
①余裕を持って日程調整できず、ドタバタと日程調整。
 この作業だけで相当のロス。
②余裕のない日程調整だったため、お店の予約も難航する。 
 結果、満足のいくお店は予約できず、、、、。
③そもそもドタバタで日常業務に追われているため、
 「忘年会」も実施することだけで精一杯。 
 「忘年会実施」が目的となってしまい、「なんの感動、効果もなく終了」となる。 
 それでは逆に「仕事のできる人」の例を見てみましょう。
①余裕をもって日程調整。
 そのため、参加者の食事の趣向、帰宅経路、利便性踏まえた上でお店のセレクトにも成功する。
 お店も早め予約のため、よい席配置にも成功する。
②数週間、1ヶ月先の忘年会実施日に備えて、ある程度、関係を温めておくことができる。  そのため、「あの件はどうでしょうか?」などとコミュニケーションの端緒を得ることも成功。 忘年会実施前までに、ひとつビジネスがクロージングできていたりする。
③万全の体制で忘年会実施。
 「1年間おつかれさまでした」だけではなく、
 先日、温めておいたプランの実行の了承がとれたり、 「これから、どうしようか」というような戦略的なコミュニケーションが取れたりする。 
 忘年会だけでも、これだけのビジネス上の「差」が開いてしまうわけです。
心してかかりたいものです。
 ご参考になれば幸いです。
P.S.
私事ですが、最新の洗濯機を購入。
これまでのものは15年以上前に中古で購入したものなので稼動は20年近いのですが、機械的な問題点は一切なし。
さすが日本製と感動しています。東芝製でした。
エコポイントにあやかり冷蔵庫も購入。
どうしてもハイスペックなものに気を取られ、10月に新発売のものを購入。
これまでのものは10年使いましたがこちらも機械的な不具合なし。日立製でした。 
「これからしっかり寝るぞ」という夢を起床直前に見た。
疲れているのか、、、。
プライベートコンサル始めました。
Twitterアカウント kanemotospj
今週中にフォロアーが3000人超えるかもです。
急に増えるようになってきたので、なんらかのきっかけがあるのかな、と思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

スポーツへの打ち込みについて ヘッドハンター想う

 最近、「スポーツ」が熱い。ジョギング、ランニング、マラソン、果てはトライアスロンまでと留まることを知らない勢いです。基本的に、「体を動かす」ことについては私も大賛成です。気力・体力の充実はビジネスのパフォーマンスを上げるために非常に重要だからです。拙著にも、「とりあえず、走れ」などと述べさせていただいていたりします。
 
 ただ、今回は敢えて、「スポーツに打ち込みすぎるのはほどほどに」に訴えてみたいと思います。
 最近、「既にビジネス・エリート、エスタブリッシュメントな方々」がハードなスポーツに挑戦されている事例をよく見ます。
 これはこれでよいとして、ここで単純に、「ビジネス・エリート = ハードなスポーツに挑戦」という図式から、
「じゃ、俺もやってみよう!」、という流れは私はお勧めしません。
 なぜなら、ビジネ・スエリートの方々が成功しているのは、ハードなスポーツに挑戦していたからではなく、愚直に目の前のビジネスに没頭した結果であるからです。 
極端な例で言えば、成功するまではビジネス以外のことは全くしていなかったりします。
 ビジネス・エリートとしてある程度の成功が確信できた段階ではじめて、「スポーツに打ち込んでみようか」という精神状態になっているのです。
マズローの5段階欲求説の「自己実現」の段階にきているわけです。
 これをまだまだ成長の段階にある、マズロー的に言えば「安全欲求」すら満たされていない状況で、「ハードなスポーツに挑戦」では、「いったい君はなにを考えているのかね、、、。」となります。 
 もっと分かりやすく言えば、「仕事で一定の成功を収めるまでは、仕事に対して全身全霊で打ち込むべし!」となります。 ハードなスポーツに挑戦するどころか、デートの時間もないはずです。 
「ハードなスポーツに挑戦」はビジネスで一定の成果を上げてからがよろしいかと思います。 
 成功者の現在の表層を見るのは容易ですが、その過程にまで深く思慮し、そのエッセンスを自身の成長の礎にしたいものです。 
 ご参考になりましたら幸いです。
補足
同じ流れで、「オヤジ・バンド」も否定はしませんが、
「職の確保」には万全の体制を取られている方がほとんどだと期待したいです。 
P.S.
プライベートコンサルティングサービスを開始しました。
これまで、都度、依頼ベースで対応してきましたがフォーマットを整えることにいたしました。
といっても、実際の運用はカスタマイズしていかざるを得ないと考えていますので、
ご興味ある方はお気軽にお問い合わせくださいませ。
また、こちらのブログは敢えてソフト路線でいく予定です。
2010年もあと80日切っています! がんばってまいりましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

「私はあなたの期待に応えられているでしょうか?」 ヘッドハンター想う

 2010年も既に残り3ヶ月を切っています。

 多くの外資系企業の年度末が12月になっています。
そのため、今ごろの時期は今期の目標達成状況にピリピリしながら、平行して来期のプランニング、組織づくり、プロモーションなどなどにテンテコ舞いな方も多いのではないでしょうか。
 さて、こんな時期に是非、使って欲しいフレーズが、
「私はあなたの期待に応えられているでしょうか?」
です。
 特にあなたの上司になる方に問いかけて欲しいフレーズです。
往々にして、「自分による自分への評価」は、「上司による自分への評価」を大きく上回っていることが多いものです。
 「自分はこんなにがんばっているのに!」と大いに来期の昇格を期待していたのに、それが実現せず来期になってから反省してしまっては時間がもったいないというものです。
 「私はあなたの期待に応えられているでしょうか?」のフレーズはできれば四半期に1回は上司に対して問いかけたいものです。
 その問いかけによって、上司からの期待値と自身の現状とのギャップを認識でき、改善でき、その結果として自身の評価が上がるのです。
 厳然たる事実として、「昇格」は他人が決めるもので、自分では決められません。ボス・マネジメントはビジネスパーソンにとって必須といえます。「ボス・マネジメント」というと結構、大それたことに聞こえますが、簡単に言えば、「私はあなたの期待に応えられているでしょうか?」というシンプルな問いを継続的に発せられるかどうかといえます。
 「上司の期待するポイント」と「本人ががんばってきたポイント」が思いっきりズレており、結果として評価されずに、本人・上司・会社の皆が不幸になっているという「喜劇のようなケース」は決して珍しい話ではありません。
 ご参考になりましたら幸いです。
 この時期、特にお勧めです。
補足
上司に対して、「どのような部下を評価するのか?」と聞いても良いかと思います。
意外に聞いてみて、上司のポイントと自身のポイントが大きくズレていてびっくりした、ということになるかもしれません。
是非、聞いてみることをお勧めします。
上司の方の場合は、「私はあなたの期待に応えられているでしょうか?」と部下に聞くのがよいかと思います。 できるだけ、「耳の痛い話」が聞けるほど良いかと思います。 「耳の痛い話し」が全くない場合は、逆に「危機的状況」と認識し、なんらかの対策必須です。
P.S.
「早朝起床クラブ」ですが、密かに会員増加中です。
夜型だった方が、「皇居走り終わりました」と朝メールしてくるようになっていたり、
「出張だからといって、いつもより早く起きる必要がなくなった」など
ライフスタイルも変化していたりしてうれしく思っています。
こちら、就寝スタイルに悶絶しております。
季節の変化からタオルケットから羽毛フトンに替えたのですが、掛けると熱いし、掛けないと寒いしで、「充実した眠り」に難儀しています。
良い解を探そうと思います、、、、。 
映画「ナイト&デイ」http://movies.foxjapan.com/knightandday/
近々に観ようと思っています。
キャメロン・ディアスがいきなり目の前に来ても、平常心でいられる男でありたいものです、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

清く正しく美しく、だけでは生き残れない? ヘッドハンター想う

 賢く、強く、優しく、正しく、美しい人が常にビジネスの世界で成功するのでしょうか?
大胆に結論を述べれば、「ノー」です。 
どう説明しようか、いろいろ考えていたのですが、昔見たテレビ番組をひとつ思い出しました。
それは、2002年4月から2003年3月まで放映されていた「サバイバー」という番組です。
テレビ番組(サバイバー) 「基本的なルール」を特に参照されたし 
 私も、当初観た印象としては、単純にテレビ番組として面白いと感じていました。
 ただ、当時から8年経ち、ヘッドハンターとして数多くのビジネスパーソンにお会いし、また、数多くの「会社組織」を見聞きした経験からいえば、この「サバイバー」で繰り広げられていた出来事というのは程度の差こそあれ、リアルなビジネス・フィールドと全く変わらない、ということです。
 多くのビジネスパーソンが、「賢く、強く、優しく、正しく、美しい人」が出世するとなんとなく思っていますが、それは多くの場合、錯覚です。
 
 人間にはさまざまな感情があるため、ここのコントロールが極めて重要です。 成功しているビジネスパーソンが「小説読め」と言っている真髄は、この「人間の感情の機微を勉強しなさい」ということなのです。 
 自分は「賢く、強く、優しく、正しく、美しい人」のはずだが、なぜか出世しない、という方は、この「感情のコントロール」や「他者の感情に配慮した自身の立ち居振る舞い方」に原因があったりします。 仮に「賢く、強く、優しく、正しく、美しい人」であった場合、これは他人から「嫉妬」・「ねたみ」を買いやすくなるわけでその対策は必須になってきます。 上り詰めている人、というのはこのあたりの対策も意識的なのか無意識なのかしっかり実践されている方が多いと感じています。 
 
 「なんだか、自分が思い描くようにモノゴトが進まない、、。」とお感じになっている場合は、そもそも現在の環境は「サバイバーのような環境なのだ」、もしくは「猛獣、珍獣いっぱいの動物園」と考え、都度都度状況に応じた「立ち居振る舞い」を研究・実践してみることをお勧めします。
 実際のビジネスシーンはロジカルシンキングで解決できるほど単純ではないのです。 「勉強したて」の多くの方が新しい組織でいきなりつまずく原因はこのあたりにあったりします。
 なにかしらの参考になりましたら幸いです。 
追加
「賢く、強く、優しく、正しく、美しい人」、であることは基本です。
ここを押さえた上でプラスアルファ、としての「他人の感情にまで配慮した立ち居振る舞い」ができればベストです。
「賢く、強く、優しく、正しく、美しい人」でない状態で、いろいろ動くと、
「策士」と認定され、だれからも信用されなくなります。
密かに番組「サバイバー」の復活を祈っています。 
どれだけ現在の自分が活躍できるか測ってみたいです。
(早々に、リタイアしないことを祈りたいです)
P.S.
先日、お若い方に、「それはドル箱」ですね。とお伝えしたところ、意味が通じませんでした。
「ドル箱」も死語になりつつあるのかと感慨深いものがありました。
ひと昔前はメイド イン U.S.A.というと、なんだかきらびやかな匂いを感じたものですが、
最近は感じませんね。 
Twitterで平日に一日一言つぶやいていますが、
反応がさまざまで非常に参考になります。 
さまざまな反応を分析したところ、
「反応」の質が「原因自分論」か、「原因他人論」かで大きく分岐していることに気づきました。
「原因自分論」のタイプの方の場合は、つぶやきにも真摯に反応しており、
そこから自身の学びを導き出し、かつ、それを活かそうという動きが感じ取れます。
逆に「原因他人論」のタイプの方は、なんだか対処療法的で、「成長」が期待できないような印象をもちました。
面白い現象と感じました。
Twitterアカウント kanemotospj
少々、仕事が忙しくなってきていることと、季節の変わり目で体調管理が難しいからなのか、疲れが取れにくい感じです。
「高麗ニンジン・サプリ」でなんとか乗り切っています。
がんばってまいりましょう。
極論すれば、どの政権になったとしても担当各大臣が釈迦力になって仕事すれば結構な成果は上げられると思います。
これまで残念ながら「お飾りポスト」であった大臣ポジションの仕事ぶりに注力しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »