« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月29日 (水)

ビジネスパーソンの評価について 結果かプロセスか ヘッドハンター想う

 書籍の出版の影響を受け、ここ最近、既に「ビジネスで成功し、かつ要職についているビジネスパーソン」の方々との打ち合わせ、もしくは会食が増えています。 (そのため、少々、自身のお腹周りがキケンな兆候がでてきています、、、。 喝を入れなければ、、、。) 

 そこで常々自身で気になっていたテーマである、『ビジネスパーソンを評価するときは、ざっくり言って、「結果」ですか、「プロセス」ですか?』という質問を投げかけてみました。 

 私がこの質問をした方々の所属部門は営業、管理部門、専門職部門とかなり幅があり、決して「営業部門オンリー」ではありません。 そこで皆様が出したお答えとは、

 「結果、で評価する」という方が全員でした。

 面白い、と言っては大変失礼なのですが、この回答をされる時の皆様の表情が「会食時の和やかな表情」から一転して、「強烈にテンション入っているビジネスモードの真剣な表情」に一瞬にして切り替わったことです。 それだけ、真剣にならざるを得ないテーマだったのだと考えています。

 私も、どうも最近、「プロセス重視」というビジネスパーソンにとっては「優しい波」がきていると若干心配していました。 しかし、今回のヒアリングから、「仕事ができ、かつ、既に要職についているビジネスパーソン」においては、全員、「結果志向」であることが確認でき、ホッといたしました。 

 なんだか、雑誌、メディアでは、やさしく、「プロセス重視」のようなトレンドがきつつあるような「錯覚」がありますが、その流れに安住していては、「普通の人」、「替えのきく人」、「40歳すぎればいらない人」になってしまいます。 「ひとつ上の仕事」ができる人は全員、「結果志向」なのです。 「ひとつ上」を目指している方は肝に銘じておく考え方・行動スタイルかと思います。 

 会食の場で、ある方が力説されていました。

「結果の出るプロセスが良いプロセスだ。 結果の出ないプロセスは悪いプロセスだ。 悪いプロセスをふみ、結果を出せない人は評価できない」と。

多少の論理の飛躍もありそうで、人によってはツッコミどころ満載の理論かと思いますが、ビジネスのリアルな現場で、「成功しているビジネスパーソン」の多くはこういった考え方を持っていると感じています。 

 確かにプロセスは重要です。 大切なプロセスだからこそ、結果を残したいものです。  

 まとめとして、

できるビジネスパーソンは、結果を出す。

 「結果を出す」というゴールから、さまざまなプロセスを考え、最短で実現する、

ということかと考えています。

 ご参考になりましたら幸いです。

P.S.

既に要職についている方からのコメントです。

「頭のよい人は増えた」

ただ、「結果を残せる人は少ない」、と。

この差を埋めることが、「ひとつ上」のビジネスパーソンになるためのヒントが詰まっていると考えています。

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

ヘッドハンターの予測 「今後ますます、巨大企業のマネジメント・ポジションは、中小企業でマネジメント・ポジションの経験豊富な人材にとって替わられる可能性が高まる。

タイトルがほぼ結論になってしまうのですが、さらに補足しますと、大企業のマネジメントポジションに、内部昇進の候補者と外部からの候補者を比較した場合、純粋にビジネス能力だけで採用の可否を判断してしまうと、後者の方が勝ち残るケースが多いと感じています。 

 その理由は大企業であればあるほど、年齢を経てもそれに比例したマネジメント能力、ビジネス能力が身につきにくい、からです。 分かりやすく言えば40歳になっても部下なし、権限なし、大きな組織・プロジェクトも回した経験なし、となると非常に厳しいといえます。 逆に中小企業で活躍していた場合、業界にもよりますが20代半ばで管理職、30代で事業部長、執行役員、はては社長まで経験している方もいるため、同じ、「40歳のビジネスパーソン」として、同じ土俵でビジネスの「真剣勝負」をすれば、どちらがサバイブするかはかなり自明といえます。 

 

 これまで日本の大企業も「自前主義」を貫いてきましたが、かなり大きな変化が現れてきています。 というのも、日本を代表する大企業の社長の略歴をみても、最近は、「保守本流の流れ」は大きく崩れてきています。 逆に、語弊を恐れずにいえば「逆境経験」を積んだ「傍流」出身の方が大活躍されています。既に、「保守本流」出身者ではこの変化の激しい時代に企業・事業をコントロールすることは難しい、と分かりつつあるわけです。 この流れは加速し、いずれ、「外部からの招へい」といった流れになるものと私は予測しています。 

 

 本ブログを読んでいる読者の皆さんが取るべき対応はざっくり下記かと考えています。 

大企業1社経験でコツコツやってきている方へ

一回り以上小さな会社で存分に活躍し、ビジネス経験、マネジメント経験豊富なビジネスパーソンとガチンコ勝負となっても勝てるだけの良質な経験をたくさん積んでおきましょう。 「いきなり外部の者がこの組織に来ても動かせないだろう」とタカをくくってはいけません。海千山千のビジネスパーソンのパフォーマンスの出し方はすさまじいものがあります。 逆に、自身が「この組織から出たらどこにも行けない可能性がある」ということを心配したほうが良いと感じています。 

小さな組織でバリバリとご活躍されてきている方へ

現在、巨大な組織をハンドル、マネジメントできる方のニーズは高まってきています。そういったキャリア・オポチュニティーが拡がっているということを認識し、アンテナを高く張っておいてくださいませ。

ご参考になりましたら幸いです。 

P.S.

自戒をこめながら、

「この夏、しっかり楽しみましょう! 夏はあっという間に過ぎ去ります!」

それにしても最近の気候の変動(亜熱帯化?)はスゴイですね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

仕事のできる人のモチベーションはどこからきているのか? ヘッドハンター想う

 書籍が出たおかげで、「ところで、これはどういうことなんでしょうか?」とあらたな質問をいただくことが増えてきています。 その中でも多いのが、「仕事のできる人のモチベーションの高さはいったいどこからきているのでしょうか?」というものです。 私なりに述べてみたいと思います。 

 結論から述べてしまうと、ビジネスの分野で既に成功していて、これからもますます成功しそうな方の大きな特徴として、「 仕事をする = 自己実現 」という感覚を極めて鮮明に持っている方が多いと感じています。 

「仕事を通じて自己実現したい」、

「仕事をすることによって自己実現を図りたい」、

「仕事で成功することが何よりの喜び」

といった感覚です。

 確かに、「仕事をする = 自己実現」となっていると、多少の艱難辛苦(かんなんしんく)さえも感じることなく、日々、燃えるような情熱を持って仕事に打ち込めるかと思います。 これからビジネスの世界で成功したい、と強く願うなら、できるだけ、仕事をする感覚が、「自己実現」の感覚に近いようにさまざまなトライをする必要があると考えています。 もしかしたら、会社を替える、働き方を替える、大胆な転進を図る、ということになるかもしれません。 

 あえて余談を付け加えますと、仕事のできる人の中には、「生活のために働いている」と回答する方は全くのゼロです。  普通、もしくはそれ以下の方になると、結構、こういった回答をする方が増えてきます。 認識ひとつでも結果は大きな差となってしまう好例かといえます。 ヘッドハンターとしても、「生活のために仕事してます」という方は、記憶からすぐに消すようにしています。 

 また、「モチベーションがどこから発生しているのか?」に直接の答えではありませんが、重要なヒントになりそうなことも付け加えておきたいと思います。 それは、仕事のできる人は、「自分が仕事に対して何を求めているか?」ということをかなりはっきりと意識しながら日々の業務に取り組まれています。 

 もうちょっと具体的に述べてみますと、ヘッドハンターとしてビジネスパーソンに、「あなたは仕事に対して何を求めていますか? 優先順位高い順に、1、コレ。 2、コレ。3、コレ。といった順に教えてください」という質問をした場合、仕事のできる人というのは、サクサクと、「1、コレ。2、コレ。3、コレです」と回答します。 「やりがい、ですかね」といったファジーな表現で自分をごまかしたりしません。 

 この優先順位をしっかりもっておくことで、現在、そして将来、何をしなければならないのかが明確になってきます。 この軸がはっきりしていれば、周囲から「大胆な転職」と見えてしまっても、本人にとっては、「計画通り」のキャリア・メイクとなるのです。 普通、それ以下の方の多くが状況に振り回されるのに比し、仕事のできる方というのは、意思決定のロジックをしっかり持っているために「意思決定できる」のです。 意思決定するためにロジックを組み立てているようでは、この変化の激しい世の中をサバイブするのは難しくなってきているといえるでしょう。

 ご参考になりましたら幸いです。 

P.S.

 書籍の売上が順調な理由がひとつ分かりました。

 書籍の紹介をすることをプロのように実施していて、かつ影響力の非常に大きい方を「アルファ・ブロガー」と称するそうです。 勝間和代さんのブレイクのきっかけを作られたアルファ・ブロガーの方が拙著を紹介していました。
http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/51692849.html

 ちなみに、業界用語で「献本」という仕組みがあるそうです。それは出版社が告知を期待して無償で本を献上することです。 この方は、「献本お断り」としているところがまたスゴイところだと感じ入りました。 

 「仕事に役立つ情報、ノウハウ、知恵、知識はそこそこは持っている人は増えた」

   しかし、

 「しっかりとしたキャリア・メイクするためのノウハウを持っている方は少ない。 また、教えてくれる学校や企業や人はいない」

  と感じています。 

 ヘッドハンターの仕事とは別に、マーケット・ニーズがあるのでは、と感じています。 ビジネスとしてできるのかどうか、少々、精査してみようと思います。

 ただ、今ならヘッドハンターに相談する、という形で、無料で対応可能です。 「我こそは!」という方は会社宛にご連絡くださいませ。 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

これぐらいのことが普通にできる、起きることになる。 ヘッドハンター想う

 最近、弊社でご支援が確定した事例をご紹介します。 本案件は一般的にいっても現時点では、少々レアな案件かと感じています。 ただ、今後、こういったケースは増えてくると予測していますし、このような転職も実現可能な準備をしておく参考になればと考えています。 それぞれの立場で何かしらの参考になれば幸いです。

概要 多国籍企業/日本法人から、ある分野に特化した知見のある人材を採用したい

①候補者が外国籍でアジアの国に在住していた。 

 弊社コメント 「一芸に秀でる」という点で国内はもとより、海外にまでその名声がとどろくレベルまでにしておく重要性が分かります。

②候補者の方が常に、「自身はどのように成長したいのか」といったポイントをクリアにもっていた。

 弊社コメント 候補者の方が自身のキャリア・プラン、人生プランを明確に描いていたからこそ、海外からのキャリア・オファーにビビッドに反応ができ即断できたといえます。 「のほほん」と生きていれば、チャンスはあまりにも軽く過ぎ去ってしまいます。 実際、本サーチが依頼された時期は6月の中旬。 複数の面談を終え、オファーレターのサインアップは7月17日なので、極めて短期間に国境を超える転職が実現しているわけです。 ちなみに入社時期は8月中旬で最終調整中なのでさらに恐るべしの状況です。 プラスして述べればこの方は独身ではありません。 家族の方にも、「自分はどうしたいのか」といったことを常日頃から情報共有していたからこそ、可能な決断・行動であると思います。 翻ってどれだけ多くの日本人の方が、この意思決定・行動ができるかと言えば、はなはだ心もとないと感じています。 

 実際、この方とのコミュニケーションは距離・時間・文化の差はあっても全くストレスを感じません。なぜなら、「自分がどうしたいのか」のロジック、優先順位づけがしっかりしているため、無用なコミュニケーション・ロスが発生しません。 

 本案件での最大の調整のしどころは、欧州在勤のエグゼクティブが来日、かつ、候補者にも来日していただき面談の場の設定・フォローでしたが、それぞれがはっきりと自身のしたいことを明確にもち、かつ優先順位付けがしっかりされていたため、極めてスムーズに執り行うことができました。(若干自慢すれば弊社のフォロー能力もあります。ただ、やはり、企業・候補者側が優れていなければうまくはいきません) 世界の3極をまたいだキャリアの選択ができる日本人がどれほどいるでしょうか? 日本人として奮闘を期待したいと強く思っています。 

 何かしら、感じ入るものがあり、日々のビジネスの打ち込み方の参考になりましたら幸いです。

書籍出版の影響から、日本全国の企業経営者・経営幹部の方から「ちょっと相談したいからお話ししたい」というリクエストを数多くいただいています。  基本的には出向かせていただきたいと考えています。 現在、日程を調整中のため、そういったお声を今のうちにいただけましたら幸いです。 エリアごとにスケジューリングする参考にさせていただきます。 お問い合わせはメールにて、できる範囲で詳細の記載をいただけましたら幸いです。 スケジューリングの参考にさせていただきます。 当然、「会ってから話す」でも良いです。 

地方ご在住でお盆の時期に首都圏に来られる皆様。 当方はこの夏は夏休みなし、としましたのでご遠慮なくお盆の期間でも対応可能です。 お気軽にお問い合わせくださいませ。 

書籍ですが、皆様のおかげで出版直後のロケットスタートを経ても、ジリジリ(というか高原状態?)で売れ続けています。 おそらくビジネスの現場で、良い紹介の連鎖が続いていると勝手に妄想しています。 この場を借りて御礼申し上げます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

「近くに寄った際にでもお立ち寄りください」 と言われて、その通りにしてはいけません! ヘッドハンター想う

 出版直後ということもあり気合いが入りすぎていますが自然体で書きたいと思います。 

 自分よりビジネスパーソンとしてレベルの高い方から、「近くに寄った際にでもお立ち寄りください」と口頭、もしくはメールで告げられる方は多いかと思います。 その際のあたたの具体的なアクションは次のうちどれでしょうか?

A, 

しっかりと、「近くに寄る機会」を丹念をチェックし、タイミング合えばベースで出向く。

B,

すぐに、「近々ですといつがよろしいでしょうか?」と速攻で日程を決め、実際に出向く

C,

しっかりと、「近くに寄る機会」を丹念をチェックし、タイミング合えばベースで出向こう、と考えているものの時間の経過とともに出向くことすら忘れてしまう

 結論から言ってしまえば、取るべき選択肢はBです。 自身よりレベルの高いビジネスパーソンから、「近くに寄ったら来たら」ということは、実際に会えば得られることは非常に大きいものがあります。 そういった些細な情報を見逃さず、かつ、実際の行動に移すことによって得られるバリューは大変貴重なものです。 また、仮にお声掛けした方が、実際にはその時点でなんのメリットある情報をもっていなかったとしてもご安心ください。 レベルの高いビジネスパーソンがワザワザ出向いてきてくれた後輩格のあなたを、「タダ」で帰させるわけはありません。 プライドにかけて、「来てよかった」と思わせる何かを提供してくれるはずです。 

 言葉を額面どおりに受け取ってしまっては、Aの対応になるかもしれません。 しかし、ビジネスのプロフェッショナルとして生きていく以上、些細な変化も見逃さない集中力と実際の行動力が、「できる・できない」の差を分けていくものと考えています。 分かりやすく言えば、アイデア段階で食い込むのと、何かしらの意思決定がされた後に参画するのとでは天と地ほどの差があるということです。

 蛇足ですが、Cの対応ですと、話しになりません。 しかし、意外にも多いかもしれません。

 些細な情報ですが貴重なチャンスをつかみたいものです。

 ご参考になりましたら幸いです。 

P.S.

出版を契機に多忙度がMAXになっております。 これまで、常に自身の能力の120%以上を発揮させて仕事に打ち込んでいたつもりでした。 しかし、ここ最近のピーク値と比較すると、今となっては、「なまぬるい」感覚であったのではないかと自省しています。 意図的にMAX値を押し上げるようなテンションを自分自身に定期的に入れていかないとならない、と感じました。

うれしいことにさまざまなお問い合わせをいただいています。 そのため、この夏は土・日以外は休みなし宣言いたします。 お盆時でも私は万全の体制でビジネス・モードですので、お気軽にご連絡くださいませ。 会社あてにメールでご連絡いただけましたら対応いたします。 (当然、お盆前でも、今でも大丈夫です、、、。) 

夏、真っ盛り、といった感が出来てきましたね。アッという間に夏は終わってしまうので、仕事もしっかりしつつ、休日に夏を満喫いたしましょう!!

「男性向け日傘」が欲しいなぁ~と感じているのは私だけでしょうか? 意外にニーズがあるのでは、と感じている今日このごろです。 交差点で電信柱の影にしっかり入っているビジネスパーソンを見かけたら私かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

御礼申し上げます 

 6月27日に拙著、「プロ・ヘッドハンターが教える仕事ができる人のひとつ上の働き方」をお買い上げいただいた方々、この場を借りてあらためまして御礼申し上げます。

 かなりの反響でして出版社よりは一時、紀伊国屋書店での売上ランキング3位に入ったという連絡もきています。 1位と2位が村上春樹氏の「1Q84」の上下刊とのことで、私自身、ここまで村上春樹氏を身近に感じたことはございません。

 無名著者の初出版ということで、どこも発注を絞っていたのか店頭での在庫切れ、店頭出しの遅れもあったと聞いています。 また、書籍のネット通販の会社まで一時発送が滞っていたようで、この場を借りてお詫びします。 こういうことが起こるのか、と新鮮な経験でもあります。 逆にこのあたりにビジネスの肝があるとヘッドハンターとしても気になっています。

 先日、都内の大手書店に出版社の方々とご挨拶に出向いてまいりました。 私の本が5冊程度並んでいる姿は、うれしくもあり、恥ずかしい気持ちでいっぱいでした。 自分でいうのもなんですが、結構、壮観なものもありますのでチラ見でもしていただけましたら幸いです。 (記念に写メを撮ってしまいました)

 面白い話としては、海外からも翻訳出版の話しも舞い込んできています。 このあたりも本決まりになりましたら告知させていただきます。

 いざ、出版となりまして反響の大きさに驚いています。 ブログへのアクセス増加で自分のブログに自分がアクセスできなかったり、大量のメール受信にメールソフトがいきなり強制終了になったりと 面白い体験をしています。 ただいま自身の肉体的なキャパを越える状態となっており、ご対応が遅れ気味になっていることをお詫びします。 出版前からお話しをさせていただいている方々の対応をしっかりしつつ、出版後にご連絡いただいた方にもしっかり対応させていただきたい、と考えています。 

 アマゾンサイトの書評を書いていただいた方、誠にありがとうございます。 私自身、「そういった見方があったのか!」といった新鮮な発見があり、非常に参考になっています。

 今後につきましては、メディアへの露出を増やしていく方針です。 既にいくつかのプランが計画されていますので、本決まりになった際にはブログで告知させていただきます。 また、そういった打診はsupport@strategicpartnersjapan.comにいただけましたら幸いです。 

 本来であれば1テーマ書くべきなのですが、このたびは御礼とお詫びにて締めさせていただけましたらと考えております。

 今後ともよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »