« 忘年会より新年会にすべし ヘッドハンター想う | トップページ | 採用企業側へのアドバイス ヘッドハンター想う »

2008年10月21日 (火)

現職でのガンバリがやはり重要です。 ヘッドハンター想う

 ヘッドハンターが言うのも妙なのですが、一番良い転職の流れは、以前、一緒に働いたことのある上司・同僚・部下や取引先から転職のお誘いを受けることかなと考えています。 仕事への取り組み方や業務の進め方などが阿吽の呼吸で分かることや、条件交渉もしやすいということがメリットかと考えています。 敢えてデメリットを上げるとすれば、入社後に現状を打破するような大胆な改革案などは言い出しにくい、という雰囲気はあります。 そのあたりの立ち居振る舞いは人間関係的に非常に重要だったりしますので注意が必要です。

 この「お声がかかる」ためにはどうすべきか。 非常に単純なのですがやはり、現職に真剣に取り組んでおく、という姿勢、マインド、行動力が肝になってきます。 長く働いていると自身の意図していない外部環境の変化により、モチベーションが下がってくることもあるでしょう。 こういった時にこそ、腐らず目標に向かってまい進する姿勢は他者の共感を呼ぶと考えています。 間違ってもこんな時に不平不満ばかり言っていては、同僚からも「一緒に働きたくないな」と思われてしまいます。 

 ヘッドハンターとして「ありがたい」仕事のひとつに、「自分の前職時代の部下を連れてきたい」というオーダーがあります。 弊社のざっくりした経験値では、全スカウト案件のうち10~20%ぐらいはこういったオーダーとなっています。 自身としても結構、高い数値なのかな、と感じています。 世の中的にはこういったオーダーは少なくないのでビジネス・パーソンとして活躍するなら、常にこのようなお声がかかるほど現職でがんばっていたいものです。 プラスして余談を述べれば、数%のレベルではありますが、「自分の上席者を探して欲しい」というオーダーもあったりします。

 繰り返しになりますが現職でのガンバリですが非常に重要です。 いきなりどこかの学校に行ったところで修了後にビジネス・パーソンとしてパワーアップしている訳でもなく、オポチュニティーが格段に増えるわけでもありません。 

 ご参考になりましたら幸いです。

P.S.

Hさん、ますますのご活躍を応援しております!

|

« 忘年会より新年会にすべし ヘッドハンター想う | トップページ | 採用企業側へのアドバイス ヘッドハンター想う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101698/24642800

この記事へのトラックバック一覧です: 現職でのガンバリがやはり重要です。 ヘッドハンター想う:

« 忘年会より新年会にすべし ヘッドハンター想う | トップページ | 採用企業側へのアドバイス ヘッドハンター想う »