« 昇格の打診を受けたらどうすべきか、 ヘッドハンター想う | トップページ | 忘年会より新年会にすべし ヘッドハンター想う »

2008年10月 7日 (火)

転職して人脈が広がる人、広がらない人、ヘッドハンター想う

 仕事として常に多くの方々の「転職」という事象に関わっていて感じるのですが、転職して人脈をさらに拡げる方と、逆にどんどん人脈が小さく閉じたものになっていく方の2タイプがいると考えています。

 どちらがいいかと言うと、当然、どんどん人脈が拡がっていくタイプといえるでしょう。こういったタイプの方は人脈がさらにネズミ算的に増え、ますます良質な人脈を形成したりします。 ビジネス・パーソンとして目指すべきはこのタイプと考えています。

 しかし、この「転職するたびに人脈が拡がる」スタイルは、単純に「望む」だけでは成しえない芸当といえます。 そうするためには、やはり現職で最大限に努力し、120%以上のパフォーマンスを発揮し、良好な人間関係を維持していないとできません。 次の飛躍を成し遂げるために、「現職でのがんばり」はやはり必須といえるでしょう。 何も努力もしないで隣の芝生に行ってみたところで出せるパフォーマンスはたかが知れているといえるでしょう。  

 なかには二度と顔を見たくない上司や同僚、部下もいるかもしれません。 そういった極少数を除き、大多数の人々に愛され、惜しまれ、次の活躍の場においても、「何かしら絡もうね」と言われるほど、やはり現職に燃えておく必要があると考えています。その日々の努力に上に、「転職するたびに人脈が広がる」転職ができると考えています。

 転職のたびに人脈が拡がっているでしょうか?

 転職しても、つねに現職の周りしかない人脈でしょうか?

 転職する、と現職において告げた時に、「次も絡もうね」と言ってくれる方はいるでしょうか?

 

 今一度振り返り、日々の業務の取り組みの参考になりましたら幸いです。  

 

|

« 昇格の打診を受けたらどうすべきか、 ヘッドハンター想う | トップページ | 忘年会より新年会にすべし ヘッドハンター想う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101698/24330139

この記事へのトラックバック一覧です: 転職して人脈が広がる人、広がらない人、ヘッドハンター想う:

« 昇格の打診を受けたらどうすべきか、 ヘッドハンター想う | トップページ | 忘年会より新年会にすべし ヘッドハンター想う »