« 経営者の決断力について | トップページ | 「待ち合わせ時刻に遅れてしまう!」 この時、あなたはどのように行動しますか? »

2006年6月 4日 (日)

問題解決型か原因追求型か

人間の思考方法のタイプを2分すると、問題解決型と原因追求型に分かれるという。 問題解決型の特徴は、「どうすれば解決できるのか」という思考方法をとり、原因追求型は「なぜ、そうなのか」という思考方法をとるそうだ。

では、「仕事のできる」ビジネスマンは、どちらのタイプが多いであろうか? 私の経験からいえば圧倒的に「問題解決型」のパターンの方が多い。 当然、研究者のような仕事であれば「問題解決型」でなければ成果は上がらないだろうが、実業の世界で成果を上げる(上げている)方は断然「問題解決型」だ。 当然、どちらか一方に振れすぎてしまってはバランスが悪いので、仕事のできる方はうまくバランスをとられている。 しかしながら繰り返すようだが、その思考マインドは問題解決型によっているケースが多い。

プライベートの問題であっても、問題解決型の方がうまくいくであろう。 専門家によればあまりにも原因追求型の思考方法をとる場合は、精神的にも辛い状況に陥ってしまうそうだ。 

あなたの思考方法のタイプは「問題解決型」がろうか、それとも「原因追求型」であろうか? ご自身で分析して、うまくバランスをとった思考方法によってビジネスの世界で最大のパフォーマンスをあげて欲しいと考えています。

|

« 経営者の決断力について | トップページ | 「待ち合わせ時刻に遅れてしまう!」 この時、あなたはどのように行動しますか? »

コメント

記事にあるようにバランスがとれているのが一番です。
原因追及をして問題解決に移る。これが自然だと思います。

原因追及型は自己犠牲的になりがち、問題解決型は利己主義におちいりがちになって人間関係がうまくいかなくなる部分があると思います。

投稿: | 2015年8月 3日 (月) 10時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/101698/2068476

この記事へのトラックバック一覧です: 問題解決型か原因追求型か:

« 経営者の決断力について | トップページ | 「待ち合わせ時刻に遅れてしまう!」 この時、あなたはどのように行動しますか? »