トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月27日 (土)

経営者の決断力について

現在、日本経済新聞の「私の履歴書」の信越化学工業社長、金川氏の欄を楽しく読ませていただいています。やはりビジネスマンの話は面白い。 それに引き換え「文化人」の時は、、、と思ってらっしゃる方も多いのではないでしょうか? 
 さて、既に金川氏の「私の履歴書」をお読みになられている方は感じてらしゃると思うのですが、金川氏のビジネスマンとしての「徹底ぶり」はすさまじいですね。 最も徹底しているなと感じたのは、CI(コーポレート・アイデンティティー)がはやっていた時期にIRの費用をゼロにしたり、新卒採用を凍結したりしている点です。また、当時、財務部門が20人いたのを「2人でいいのでは?」との指摘もしたそうです。 議論は分かれそうであるが、サラリーマン社長としてのこの決断力、状況認識力はすさまじいといえる。私としては仕事柄、おそらく信越化学工業社はおそらく理系の採用が多そうだし、いったん新卒採用ゼロにしたら各大学との採用ネットワーク維持には相当な影響が出ただろうに、、、と心配するのだが、とにかくすさまじいレベルといえる。
 今回、なるほどと思ったのが、IR費用にお金をかけるより、会社そのものの実力・競争力を上げていったほうが、よほどIR効果がある、といった金川氏のコメントであった。 後付であればいろいろと講釈をつけることは可能であるが、当時のこの決断力・実践力はやはり、さすがである。 「前例踏襲」、「結論先延ばし、アクションなし」「事なかれ主義」、が多く見られる中、企業の競争力向上にこれほどまでに真剣に取り組んでいる経営者がどれほどいるだろうか。 ちょっと考えてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

ビジネスマンの差はどのあたりでついているのか?

成功しているビジネスマンと、そうでないビジネスマンは、いったいどのあたりで差がついているのだろうか? 多くの要素が考えられるが、まずは、「どのビジネス組織にいても1番になり続けている、また、その努力を誰よりも惜しんでいない方」というケースが多い。

具体的に考えてみると、社内昇進する時に自分が上司だと仮定した場合、当然のように選考対象者の中から一番優秀な者を昇進させるであろう。 たとえ候補者が2人だとしても10人いたとしてもそのエッセンスは変らない。 ここでポイントなのは、1番の者と2番の者の今後のビジネス人生の行く末である。 一発逆転が起こることもあるが、順当に考えれればその差は開くばかりである。 英語ではこの現象をWinning Edgeと呼んでいる。このWinning Edgeを競馬に例えてみよう。1着と2着の馬のゴールまでに要した時間の差はおよそ数パーセントの差でしかない。稀には人間の目では判断がつかないため高速度カメラによる判定までする。 しかしながら、1着と2着で得られる賞金の差はどれくらいであろうか。相当な差がついてるのだ。 人間の世界でも、このWinning Edgeは至るところで見られる。オリンピックのゴールドメダリストと銀メダリストの差も同様のことがいえる。 また、ビジネスの世界においても頻繁に起こっているのだ。

勝ち残りたいビジネスマンであれば、どんなに小さな組織にいたとしても、必ず「一番になっておく」という戦略は必須であろう。  また、すぐに一番になれない場合には、「誰にも負けない努力をする」という姿勢が重要だろう。 努力がなければ1番になることなど到底できない。 参考までにこの、「誰にも負けない努力をする」という言葉は稲盛和夫氏の言葉になります。

あなたは、常に現在の組織内において最大のパフォーマンスを上げているだろうか?また、誰にも負けない努力をしているだろうか? 留意されてみてはいかがでしょうか ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月13日 (土)

テクノロジーの進化について

テクノロジーの進化のスピードが速くなってきていることに異論を唱える人はいないでしょう。 しかしながら、その変化に的確にキャッチアップできている人はどれくらいいるでしょうか。 個人的な直感でいえばおそらく過半は超えていないだろうし、もしかしたら極少数かもしれない。

今回、私も遅ればせながらブログをはじめてみた。 やはり使いながらその実態を知るのが一番の近道だと思ったからです。 

ダーウィンもこう語っています。「この世に生き残る生物は、最も強いものではなく、最も知性の高いものでもなく、最も変化に対応できるものである」 この言葉は企業にも個人にもあてはまると思います。 

この外部環境の変化に「気付く」こともなく、もしくは気付いたとしてもその「対策」がとれずに消えてしまった企業の例を上げるのは難しくありません。 個人においても全く同様だと思います。 今までは終身雇用の名のもとにある程度、個人の運命を会社側に預けておいたほうが「おいしい」時代はありました。 しかしながら、現在、社員の終身雇用を確約できる企業は世界に何社あるでしょうか。自身の価値を外部の目から適時適切にアセスメントし、その対策を常にとっておくことが必須の時代になっています。 それが出来なければ恐竜と同じ運命をたどってしまうかもせれません。 

ヘッドハンターは、「外部環境の変化」の情報を提供し、候補者のキャリアの市場価値をアセスメントすることができる立場にいます。 企業の盛衰も激しくなってきている時代においてその活躍の場の広がり・深さを実感しています。

「外部環境の変化」、「自身の市場価値」、この2点について常に意識しておくことが今後のビジネスマンにとって必須になるでしょう。 今一度、考えてみてはいかがでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年6月 »